30代女性の転職体験談

広告代理店の営業事務が結婚で残業ができないため転職した体験談

2019年10月2日

宮城県にお住いの30代女性「よっしー」さんの「4回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「よっしー」さんが前職を選んだ理由

学校を卒業してからテレビ局・広告代理店の派遣社員としての経験があった為、その知識を生かせる仕事を派遣の営業さんから提案され入社致しました。

広告代理店の中でもトップ3に入る大企業だった為、大きな仕事を任せて頂ける点が魅力でした。

派遣の立場でしたが営業に一緒に同行させていただいたりコンペの資料を作成したり、社員と変わらない事を任せて頂いた事も大変貴重な経験となりました。

街中にオフィスがあるので自宅からも通いやすいと言う点も魅力でした。

前職の詳細

  • 業種:マスコミ系
  • 職種:広告代理店の営業事務
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:派遣社員
  • 在籍期間:2年未満

前職の業務内容

営業事務として主に営業とクライアントとの打ち合わせに同行し、プレゼン資料の作成やCM撮影にも同行したりしておりました。

社内では毎週の部会の為の売上資料作成・カタログの校正・リサーチ業務などをしておりました。

営業事務ですが社内にずっといるのではなく、営業と外に出る事が多かった為動きがありとても楽しく仕事をすることができました。

クライアントのキャンペーン時には一緒にPR活動などをしたりすることも年に数回ありました。

「よっしー」さんの転職のきっかけ

結婚を機に、今まで遅くまで残業もしていましたが、家事をしなければならないようになり残業が難しくなりました。

そのため自宅から通いやすく、定時で帰れる仕事への転職を決めました。

前職では女性もバリバリと働く環境で結婚している方はあまりいなかったので、仕事自体はやりがいがあり続けたかったのですが、条件的に難しく辞めざるを得ませんでした。

今後出産・育児を考えたときに派遣社員では産休・育休の取得が難しい為、正社員として働くことを考え今の職場に転職しました。

「よっしー」さんが転職活動で重要視していたこと

正社員、残業なしの18:00退社できる、家から1時間以内の場所にある、土日休み、有給取得できる、産休・育休が取得できる、基本給16万以上、賞与あり、事務としての経験が生かせることを条件に転職活動をしておりました。

今まで経験した業界にはこだわらず、条件面を重視に今の会社に決めました。

今までのようにやりがいがある仕事ではありませんが、今は安定して働けているので満足しており今後も続けていければと考えています。

「よっしー」さんの転職活動の進め方

今まで所属していた派遣会社から紹介を受けたり、ハローワークに通い自分に合う条件の仕事を検索しに行き相談員の方に相談したりもしました。

ですがハローワークからの求人は倍率も高くなかなか面接まで行けず、次の仕事がなかなか見つからなかった為求人雑誌をもらってきてその中から条件にあった会社を探し、直接応募しました。

この方が履歴書を送って企業から連絡がくるスピードが速いので、すぐに書類選考から面接まで行ける気がします。

あわせて読みたい


こちらの記事で人材派遣会社のおすすめを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年10月頃
  • 転職活動期間:3ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

前職を退職後に仕事を探し始めた為、すぐに次の仕事が決まるがが不安でした。

ハローワークからの求人に何件か応募しましたが求人倍率が高くなかなか書類選考も通らず面接まで行くのが一苦労でした。

書類選考から採用までのスパンが長いため、受けた会社に落ちてしまった場合はまた1から繰り返さなければいけない為、時間と労力をかなり使います。

まず書類選考に通らなければいけない為証明社員はきれいに撮る・履歴書は手書きする、など基本的なことを心掛けました。

「よっしー」さんが転職先を選んだ理由

結婚を機に残業をすることが厳しくなり、自宅近くの定時で帰れる仕事への転職を決めました。

フルタイムで定時が18:00まで、自宅から30分以内、正社員で育休・産休が取れることを条件に探し、ちょうど募集があった今の会社に応募し採用されました。

今まではやりがい重視でしたが、今後の生活を考えやりがいよりも夫婦の生活を第一に考えるようになりました。

今までのように動きのある仕事ではない為少し退屈に感じることもありますが、今はそれでも満足しています。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:総務部
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

総務部に配属され、主に社員の給与計算や勤怠管理・労務関係の申請・クライアントへの毎月の請求書作成や見積作成を行っています。

毎月の売り上げ管理はExcelを使い資料を作成しています。

1日の流れは出社しメールをチェックし、社員やクライアントからのメールに返信⇒社員の出社時間になったら勤怠管理アプリで出勤確認します。

締め切りまでにやらなければいけないタスクをこなすしていき退社の流れです。

イレギュラーで社外で打ち合わせなどがある場合はこの通りではありませんが、ほぼ毎日この流れです。

「よっしー」さんの転職は「ちょっと成功」だった

前職に比べてやりがいはありませんが、今は条件面も良く安定して働けてているので今後のことを考えて良かったのかなと思います。

ただ、派遣時の比べてお給料がだいぶ下がってしまったので、正社員ですが今までよりも年収が下がってしまいました。

ですがほぼ毎日定時で帰れているので仕事とプライベートを両立できているので今の働き方には満足しています。

やりがいと条件面全てを満たす事はなかなか難しい事なのだと、転職活動をしてみて感じました。

「よっしー」さんの転職を振り返っての感想

なかなか自分の全ての希望が通る会社を見つけるのは大変な事だと思いました。

私は前職で平日お休みを取る事が難しかったため、在職時に転職活動はできず退職してから転職活動をしていました。

条件が良いところは求人倍率も高く、書類選考すら通らない事も多々ありました。

闇雲に履歴書を色々なところに送るのではなく、本当に入りたい所を絞って丁寧に履歴書を書いた方が書類選考も通りやすく結果早く決まるのではないかと思います。

「よっしー」さんの今後の目標

今の会社で事務員は私1人しかいない為、今後産休・育休を取得しても戻って来てほしいと言って頂けるような人材になるために、パソコンの知識や簿記・労務関係の勉強もしてしていきたいと考えております。

営業事務と比べ一般事務は社内業務が多く退屈なこともありますが、その中で日々やりがいを見つけられるように毎日過ごしていきたいです。

今は女性も働く世の中なので、産休・育休を取り復帰して定年まで働き続ける事は今後の目標です。

「よっしー」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

自分にとってなにが一番重要かを考えて決めた方が良いと思います。

自分の好きなことが出来てやりがいがあり条件面も完璧な会社はなかなかありません。

どこか妥協しなければいけない事を私は転職活動を通してとても実感しました。

今後の人生をよく考えた上で自分に合う会社を見つけた方が良いと思います。

闇雲にたくさんの会社に履歴書を送るよりも、本当に行きたい会社の履歴書1枚を手書きで丁寧に書く方が成功の近道だと思います。







-30代女性の転職体験談
-, , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.