20代男性の転職体験談

水産の仕入れ販売が店長が辞めない限り昇格できない将来性がないため転職した体験談

2019年10月21日

愛知県にお住いの20代男性「でるモンテたろう」さんの「1回目の転職」で「失敗」だった転職体験談のご紹介です。

「でるモンテたろう」さんが前職を選んだ理由

自分は店長になる目的でその会社に入りました。

その会社には昇格制度が整っていまして筆記試験と面接があります。

筆記試験では各ランク(主任代行・主任・課長等々)に上がる際に必要な知識、会社の理念、数字の読み方などがありがんばって勉強した人が合格できる制度です。

また、それだけだと頭でっかちになりますので、面接で自分が現場で何を意識して何を目標にがんばり、失敗したなら次回はどう改善するのか等をお話する形式です。

前職の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:販売スタッフ
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:販売スタッフ主任代行
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:3年未満

前職の業務内容

私は水産を担当しておりました。

朝5:00に出社し、朝から魚を仕込む(柵用、刺身用、盛り付け、三枚おろし、内臓のみ取り除く、アラ、魚体を陳列等々)等々をしておりました。

またうなぎの日には店舗をマイクを持ちながらお客さまに宣伝しに行ったり、社内でのうなぎ販売活動をしておりました。

それは年末もかわらないことです。またパートさんのマネジメント、商品トレー発注、シフト管理、会議、市場調査などもしており忙しい1日となっております。

夜遅くまでかかることもあります。

「でるモンテたろう」さんの転職のきっかけ

あまりにも忙しくて自分がやりたかった店長すらも届かないと思ったからです。

また上も詰まっており店長がでていかないと後続にいる社員が店長にもなれないわけで、昇格制度も結局はある程度までいくと人事評価ですべてがひっくり返ってしまうことも聞いていました。

また自分は現場でいろんなことを学ぼうと思いましたが、肝心なBtoBでのマナーやパソコン業務の基礎などの準備置ける部分で学ぶことができなかったですし、店長になるためには数字も読めないといけないと思い経理につきました。

「でるモンテたろう」さんが転職活動で重要視していたこと

まず残業で、前の会社ではサービス残業が蔓延っていたので、これは自分の力ではもちろんどうしようもできないです。

だから残業10時間以内で探していました。

また、数字につよくなりたいので経理という所でも探していました。

さらに転勤し手人間関係を再構築するのも面倒で、そのたびに住居・市役所の手続きがすごく無駄ですし、実家から通った方が時間・お金においての節約が可能なので地元から通える車通勤をさがしました。

「でるモンテたろう」さんの転職活動の進め方

いろいろな転職サイト、転職フェアに行きました。

doda,エンジャパン、マイナビ、リクナビ、クリ博ナビです。

転職フェアでは実際に会社の人とお話をしたり、運営の勧誘がうっとうしいですが、むしろこっちから行っていろんな方の転職の状況や雰囲気を聞いた方がいいと思いそうしてました。

そうしたほうがこちらに得だと思いました。

いまでこそクラウドワークスを発見しましたが、クラウドワークスで質問するのも手だったなとおもいます。

あわせて読みたい


こちらの記事でDODAの特徴と評判をまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事でリクナビNEXTの特徴と評判をまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事で在宅ワーク・副業におすすめの求人サイト・クラウドソーシングを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年3月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年6月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

ちょっとや、そっとの理由では会社もほしいと思わないですし行動と言葉がしっかりと噛みあわないといけません。

なので直接店舗にうかがえるところは最低2つ以上(1つだけだと同じ会社で比較できないし、情報も少ない)は足を運んでいろいろなこと聞きました。

(もちろん名前は出します。あとあと面接で裏を取られても行ったという証拠が残るようにです。しかし、面接を控えてることをにうっかりな発言に注意して)

それこそ、自分の工夫次第です。

業界の事を聞きたいけど、直には聞けないので自分の車を査定ついでにうまく聞きに行くといったかんじです。

「でるモンテたろう」さんが転職先を選んだ理由

転職先は同じ卸売系でしたが、未経験の経理を募集していました。業界より職種を重視していました。

なぜなら、数字に強くなりなかったからです。

結局のところ現場で下積みしていても数字や基礎の応対の部分はまかなえないわけでBtoCに対してはもちろん強くなりましたが、BtoBや経営をする際に基本の知識が身に付かないと思ったからです。

それあからマネジメントを学ぶという順序が正しいと思い、かつ経理も忙しいとは思いますが前職よりはましになるという残業面でも経理を選びました。

転職後の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:経理
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

一般事務兼経理です。

来客の応対、電話応対、雑務、日次業務’(車なので日ごとに仕入れられてくる車を仕訳たり、預金残高チェック)、月次業務(毎月ごとの数字の締め→たとえば利息計算や、預金の借入貸出、四半期に至っては売り上げを再チェック、売掛金のチェック)だど思ったより忙しかったです。

また会長の経費申請、他部署の無駄な資金使用がないかをチェックしたりするなどコミュニケーションの部分でもしっかりと連携をとらないとまずいです。

「でるモンテたろう」さんの転職は「失敗」だった

あまりにも多業務、残業がありすぎて、初月から残業30時間です。サービス残業もしました。

なぜなら本来上司が教えてくれるはずですが、上司が課長の仕事(課長が自分が入る前の1か月前に来たばかりでなにもわからない)をやっているので教える暇もないです。

さらに教えるにしてもかなりおおざっぱで、あとはインターネットで調べたら出てくるよと言う始末です。

また雑務はこちらに回ってきますし、移動時間は就業時間に入っていない始末です。

私と入れ替わりでできる人がいなくなり、もう一人も1ヶ月でいなくなるというのに、その人の教え方もよくわかりません。

よく聞こうと時間を割いても月次が迫っているし、人が足りませんし、会長は人をいれませんし、ありえないです。

「でるモンテたろう」さんの転職を振り返っての感想

正社員にこだわる必要はないかなと思っていますが、休みありきの仕事です。

また健保・厚生年金を折半、賞与が出るところであれば派遣でもいいと思いますし、休みが最優先です。

またフリーランスの時代が来ると思いますので、副業解禁が第一歩であり、しかし、これもまだ形だけだと思います。

幹部がいくつかの企業に入りノウハウを共有することなんじゃないかなと思っています。

いまの平社員がどうどうと副業をやっていたら本業で作業が遅れた場合に、上司になんていわれているのかどんな結末が待っているのか目に見えます。

「でるモンテたろう」さんの今後の目標

今後はまた転職しようと思っています。

また、副業についても調べ、自分が本当にしたいことはななんだったのかを考えるようにします。

おそらく作業の時間的には正社員よりもつらいと思います。

寝るのは22:00起きるのは2:00or3:00といった生活です。そうでもしないとこの会社員地獄からは抜け出せません。

しかし、自分が信じている夢・思い描いている生活や自分がやりたいことを自分でできる(=自分の作業の失敗は100%自分の失敗)ようになればいいなと思っています。

「でるモンテたろう」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職してもいいですし、しなくてもいいです。

ただ自分がいまの状況に満足していることや、疑問すら持たなくなったときは死んでいる思った方がいいです。

世の中の常識に従ったり、他の人がこういうのはこうだから良いといって流されたらおしまいです。

自分の価値観、自分で自分を判断できるようなればと思っていますし、自分のことをなんと言おうと決断するのは自分ですし責任を取るのは自分です。

自分が話をしても相手は面白くないと思って批判的な態度をとるかもしれませんが、気にしないでください。







-20代男性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.