30代男性の転職体験談

専門商社の営業が経営不振で事業縮小などで将来の不安があり転職した体験談

2019年10月23日

愛知県にお住いの30代男性「さげっと」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「さげっと」さんが前職を選んだ理由

自動車の内燃機関系の部品メーカーであり、その商社部門が分社化したグループ会社に勤務していました。。

グループ企業は30社以上、従業員5000人以上です。

世界トップショアの部品メーカーとして、経営基盤の安定が魅力で、実際、リーマンショック以降は常に増収増益を続けておりました。

面接でも他業種・他商材を扱っていき、自動車の内燃機関係の部品を軸に他商材を同時にPRするという、具体的なミッションを与えられていたこともあり、他業種からの人間を多く採用しており、中途採用として入りやすい環境であったと感じました為。

前職の詳細

  • 業種:商社系(電気・電子・機械系)
  • 職種:専門商社の営業
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:500万円~600万円未満
  • 役職:係長
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年以上

前職の業務内容

自動車の内燃機関系の部品のメーカから分社化した商社ですので、以下の二つです。

1:他グループ企業の商材の拡販

他グループ企業の商材を所属している会社の客先にPRを行います。

グループ企業にも営業があるが、商社ならではの独自ルートで、更なる拡販業務を実施していきます。

2:社外品・競合企業の拡販

商社なので社外品を扱える、競合他社品もルートによっては扱えます。

新しい商材を探すことも同時に行い、良い商材を発掘して、客先にPRを行っていきます。

「さげっと」さんの転職のきっかけ

自動車の内燃機関系の部品メーカーとして高い知名度を誇っていたものの、今後の電気自動車化に伴い、事業縮小が目に見えていた。

しかし。10年以上前からわかっていた事であるので、独自の技術を他の事業に展開して会社を存続していくと思って入社したものの、M&Aを繰り返すだけで、成功した新事業があるとは思えない状況が続いており、今後の将来不安を感じていた為です。

また、同じ考え方の中堅社員も多く存在しており、退職者が続出していた為です。

「さげっと」さんが転職活動で重要視していたこと

将来性があることです。

私なりの将来性とは、①会社の扱う商品の将来性 ②会社のメイン顧客の将来性です。

今後の世の中の流れを考えると、将来性のある商材を高い技術力でつくれる会社に転職すべきと考えました。

また、今後は海外への展開が必須であると考えておりますので、海外へ進出している企業でその進出が合理的かどうかを確認しました。

後は細かい話ですが、給料面・勤務地・通勤方法・転勤の有無・福利厚生の条件が良いかを調べました。

「さげっと」さんの転職活動の進め方

大手転職サイトに登録しました。

dodaリクルートエージェントマイナビエージェントにまず登録しました。

しかし、マニュアルのような対応にしっくりこなかったので、ビズリーチに登録しまして、ビズリーチ経由で様々なヘッドハンター達と電話面談しました。

地方に特化にか転職エージェントからの面談を行った結果、非常に対応が良く、条件にあった企業を5社程度紹介頂きまして、応募した2社の内、1社から採用頂きました。

あわせて読みたい


こちらの記事でDODAの特徴と評判をまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事でリクルートエージェントの特徴と評判をまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事でマイナビエージェントの特徴と評判をまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事でビズリーチの特徴と評判をまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年2月頃
  • 転職活動期間:2ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年7月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

職務経歴書をとても時間をかけて作成しました。

書類審査を通過しなければそもそも面接までいきませんので、書類審査を通るように職務経歴書は非常に凝った作りで作成しました。

見やすいフォーマットですが、端的に書きつつも途中に細かい実績をPRできるように文章で書き込んだりと、強弱を付けた職務経歴書になり、書類通過率は100%でした。

後は、面接対策として土地柄にあった面接をするように練習をしましたが、練習しすぎない事もポイントでした。

「さげっと」さんが転職先を選んだ理由

前職では、売上が大きくてお客様にも貢献できる設備をメインに営業活動してました。

グループ企業の商品よりも社外の設備の方が魅力に感じておりました。

グループ内に設備業者・自分で見つけた下請け業者と5年以上仕事を行っていた為、設備に関する知識を蓄えることに成功しました。

しかし、商社での対応に限界を感じ、商社サイドよりメーカーサイドの方が社会に役に立てると考え始めて、技術力があり評判の良い会社を1年間探したらお客様からの評判が良かった会社でありました為です。

転職後の詳細

  • 業種:メーカー系(電気・電子・機械系)
  • 職種:設備の技術営業
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:500万円~600万円未満
  • 役職:特になしの予定
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容


入社後に与えられたミッションは以下のとおりです。

  1. メイン設備を既存顧客に提案
  2. メイン設備を新規顧客に提案
  3. 新パッケージ商品を既存顧客に提案
  4. 新パッケージ商品の新規開拓プロジェクトに参加
  5. 既存以外の設備で得意なものを会社に提案

基本的に前の会社の実績と経験をもって採用となった為、キャリア採用となりますので、顧客や下請けの人間関係をもって入社しております。

入社後に何が出来るかは今後、直属の上司と相談する予定ですが、現時点では、1~5は必須業務となります。

「さげっと」さんの転職は「成功」だった

条件が非常に良くなる転職となります。

  • 年収:前職より1年同等だが2年目以降は+200万
  • 休み:前職より-5日
  • 転勤:前職は全国転勤でしたが、転勤のない企業へ
  • 仕事内容:同量か少し減るか
  • 通勤:前職電車で1.3時間→車通勤で30分

端的に並べると以上のような変化になりますが、特に専門技術のある企業ですので、給与の伸び率は非常に嬉しいです。

家族がありますので、当然給料は良いに越したことはありませんが、休みが減ることは少し残念でした。

「さげっと」さんの転職を振り返っての感想

転職活動はすごくエネルギーを使います。

在職中の多忙の中に更に仕事をしているようなものなので、転職活動中はとても疲れてしまいます。

心が折れて適当な会社に入ってしまったら意味がありませんので、心を強く持って転職活動をしなければならないことはとても辛かったです。

良い転職エージェントにで出会える事で負担は減りました。

良い転職エージェントとつながる事ができた事が一番良かった結果だったと思います。

短期決戦にしなければ疲れ果ててしまうと思います。

「さげっと」さんの今後の目標

まず、専門知識を蓄える事で、社会から必要な人間になりたいです。

社会から必要な人間になればある程度年をとって転職しにくくなっても、一緒に働いてほしいとの声がかかる筈です。

特に設備の業界はそういった事がとても多いです。

専門知識を蓄えて、お客様からの信頼されるようになって、業界で有名になって、楽に仕事が出来るようになりたいです。

仕事はいかに少ない労力で結果を出せるようになるかだと考えております。

将来楽をするために今を頑張りたいです。

「さげっと」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

書類審査を通らなければ意味がありませんので、職務経歴書だけはこだわって作りこんで欲しいです。

その他大勢多数の資料にならないように、工夫して作成をお勧めします。

私も前職は3人採用を行った事がありますので、採用側の意見としてですが、大体1分で採用か不採用か決まります。

理由は、その会社にいるイメージがあるかどうかです。

可能な限り明るく、どこにいてもやっていけそうな雰囲気を出しておくと、この方なら大丈夫そうだと思わせられます。







-30代男性の転職体験談
-, , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.