30代女性の転職体験談

技術職が人間関係が悪いことが問題で体調を崩して身体がもたないため転職した体験談

2020年1月15日

大阪府にお住いの30代女性「さくらさく」さんの「1回目の転職」で「失敗」だった転職体験談のご紹介です。

「さくらさく」さんが前職を選んだ理由

知名度も大きく、親会社の知名度も非常に大きなもので、就職後も安定して生活、今後も問題なく生活していけるだろうということと、私自身が好きなこと(趣味でもあったこと)なので、長続きするだろうと思い就職しました。

また、福利厚生も手厚く(各種保険や社員旅行、割引サービス対応などもありました)、長期間務めることになるのであればこういった大手企業のほうがいいだろうという気持ちもあり、学校の推薦で応募し無事合格、就職することになりました。

前職の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:機械系
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:係長
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年以上

前職の業務内容

いろいろなサービスを展開していたため、私が担当したのは

  • 技術職(機械のメンテナンス、修理、交換、設置作業)
  • 電話によるコールセンター業務(故障の初期対応、作業員の手配など)
  • 工事監督(特殊な作業だったため、特殊な資格が必要で取得した上で作業にあたっていました(夜間作業が主))
  • 開発業務(新規事業立ち上げに伴う開発、事業展開)
  • データ設計業務(入社した初期は専用のコンピュータを用いた専門的な設計業務、後半はエクセルなど汎用ソフトに置き換わりました)

「さくらさく」さんの転職のきっかけ

前の職場での人間関係に問題があり、それがきっかけで体調を崩したため、このままでは自分の体がもたない(医者にも休職・転職を勧められるほど深刻な状態であった)ため転職を考えるようになりました。

会社の上層部、産業医と何度か面談し配置転換や職務条件を変更してもらったりと配慮はしてもらいましたが、人間関係はそう簡単に直るものではありませんでした。

それに、番う職場となっても、前の部署の人間が「あいつはダメなやつだ」とこちらの部署にまで言ってくる状態だったため転職を決めました。

「さくらさく」さんが転職活動で重要視していたこと

前の職場と同じように人間関係に悩まないで済むようにそこまで事務所に人数がいないところであることと、私の趣味に合ったところであること、就職先の知名度(安定性)が高いことを重視しました。

また、体調を崩したこともあり、あまり長時間の移動(通勤)が困難であったこともあり、現在の居住地から近いところも視野に入れて探していました。

金銭面については、再就職ということもあり、そこまで高望みはせず、前の半分よりやや多ければという感じで探していました。

「さくらさく」さんの転職活動の進め方

最初のうちはハローワーク(職業安定所)を介して求人の確認、面接を行っていましたが私の条件に合うところが少なく、あったとしても面接までいくものの採用に至らないことが多かったです。

またハローワークは定期的に求人活動を行っているか確認があるため、何度も足を運ばなくてはならなく、必ず個別で面接を行っていましたが、適格なアドバイスもないため、最終的には自分でネットなどを介して求人を探すようにし、現在の勤務先に決定しています。

あわせて読みたい


こちらの記事で転職サイト・転職エージェントのおすすめを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年4月頃
  • 転職活動期間:7ヶ月以上
  • 転職先の入社日:2019年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと


先の質問にもありましたが、最初のころはハローワーク(職業安定所)を介しての求人検索、紹介をしてもらっての面接でしたが、なかなか自分の条件にあった個所が見つからず、また採用にも至らず非常に苦労しました。

また、ハローワークでの検索もおおざっぱ(正社員・パート・アルバイト・職種など)なため、なかなか私の希望にマッチするところが見つからないというのも苦労しました。

転職サイトであれば、私が求める求人希望を細かく入力することができるため、すぐに見つけることができました。

「さくらさく」さんが転職先を選んだ理由

前の職場で体を壊してしまい、体の負担にならないように軽作業でできるところであることと、通勤時間が短くて住むように現在の居住地から近いところ、あとは前職の経験がいかせるところがないか優先して探しました。

当初はハローワーク(職業安定所)を経由して探していましたが、私の希望に叶うところが全く見つからず(面接も何件か受けましたが採用に至らず)転職サイトで現在勤めることになった場所を見つけ、面接し採用となりました。

転職後の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:技術係
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:主に専門的な知識を必要とする機器の操作、確認作業
  • 雇用形態:アルバイト・パート

転職後の業務内容

こちらも前職と同じく作業が複数あります。

  • 清掃作業(鉄道関係のため、車両の内部、外部の清掃)
  • 専門機器の取り扱い(先の車両清掃などで使用した洗剤などは一般の下水に直接流すことは禁止されているため、処理してから流すこととなっているため、そのための専用の機械操作を担当しています)
  • 内勤作業(勤務シフトの作成、社員からの提案、連絡事項の整理、本社への報告など)
  • 泊り作業(鉄道のため、終電で車庫に戻ってくる車両の清掃など)

「さくらさく」さんの転職は「失敗」だった

人数が少なく、面接の際に人間関係については「問題ない」と太鼓判をいただきましたが、実際はパートの女性(所謂「お局様」)がいたため、いじめに近い状態となっており、何度も上司に相談しましたが改善されることはありませんでした。

また、社員にあたる上司(係長など)も一部の方は親身になり相談にも乗っていただけるのですが、一部の方は高圧的な態度を取り初めての作業内容であっても「こんなこともできないのか」と叱責ばかりで非常に居心地の悪い職場でした。

「さくらさく」さんの転職を振り返っての感想

転職するにあたって、しっかりと考えないといけないのは「新しい職場が見つかるまでの生活」だと思います。

ハローワークにて探している間や退職時には一時給付金や退職金がありますが、健康保険を切り替えたり、今まで契約している生命保険の支払い、生活費を考えると到底賄えるものではないくらいでした。

転職するときはもっと準備をしっかりと整え、貯蓄をかなり(個人的に100~200万程度)は用意した上で進めないと焦ってしまうということが実経験で感じたことになります。

「さくらさく」さんの今後の目標

現在の職場でも人間関係がうまくいかず、結局病気を再発させてしまったため、また新たに職場を変えようかと考えているところです。

(現在通っている病院の先生には会社と相談するようにと言われていますが、相談した結果がこの病気の再発なので非常に難しいところかと考えています)

今度転職するのであれば、最近少しずつ増えてきている「職場見学のできる」場所を一度訪問し、私に合っているところか、一度自分自身の目で確認した上で転職を早めにしたいと思います。

「さくらさく」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職活動中は金銭面、時間、手間や面接への不安などでいろいろと大変なこともあるかと思いますが、絶対自分自身に合った職場というものはあると私は思います。

安易に「大企業だから」「高給だから」といった理由で決めるのではなく、本当に「私は何がしたいのか」「私には何ができるのか」といったところまでしっかりと考えて、後悔しないように転職先を決めていただきたいと思います。

私の失敗にもありましたが、現在は「職場見学」をさせてもらえる企業もありますので、そういった所を訪問し確認してから決めるというのもいいかと思います。







-30代女性の転職体験談
-, , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.