20代女性の転職体験談

カフェ店員が残業が続いて休みがとれない環境に限界で転職した体験談

2020年4月6日

兵庫県にお住いの20代女性「どんちゃん」さんの「1回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「どんちゃん」さんが前職を選んだ理由

コーヒーが好きで、もともとアルバイトとして働いており、就職活動の時期になった際、今楽しいと思っている職につこうと考えたから。

前職のカフェは全国チェーン店で有名だが、店舗によって商品のクオリティが全く違うことに違和感を感じており、どこの店でも同じクオリティの商品を提供したいと感じたためです。

また、他のカフェチェーンと比べてバリスタ業務が自動では無く手動で作業を行うことが多く、自分自身の力量によりおいしくもまずくも作れるということにとても魅力を感じました。

前職の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:カフェ店員(飲食)
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:300万円未満
  • 役職:副店長
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:3年未満

前職の業務内容

接客を中心とした業務をしています。

主にレジでの販売や、店の前に立ち寄ったお客様に対してコーヒー豆やグッズのおすすめをしていきます。

月に一度はデベロッパーの販売イベントに参加し、コーヒー豆の販売会等を行っていて、客様を集めてコーヒーの淹れ方を実演していました。

また、アルバイトの指導係として、会社の方針や仕事の方法を座学やOJTで行っていました。

育ってきたアルバイトを見極め、誰を時間帯責任者にするかなどを検討しています。

社員業務としては棚卸や商品の発注、棚の整理やイーゼル看板を書き出す等を行っています。

「どんちゃん」さんの転職のきっかけ

前職で、人員不足のため残業が続いたことが第一の理由です。

仕事内容自体は申し分なく楽しく働いていたが、月の休みが半分程度しかとれない環境に限界を感じていました。

また、結婚をした際、ワークライフバランスを重要視するようになりました。

今後働き続けるには体力勝負の仕事には限界があると感じたため、前職で働き続けるのは不可能であると考えました。

未経験の事務職に転職したかったため、早いうちにキャリアチェンジをしておかないと潰しがきかないとも思いました。

「どんちゃん」さんが転職活動で重要視していたこと

事務職に就きたかったので、未経験でも働けるかという点を重要視していました。

今後、結婚して出産しても働き続けたいと考えたときに、事務職が一番長く続けやすいと考えたからです。

また、結婚したてであったため配偶者と休みを合うように土日祝休みが基本的なところを重要視しました。

有給休暇が取れやすく、育休実績があり、残業があまりない職場を優先して考えていました。

未経験ということもあり、給料の高い低いは特に重要視せず、福利厚生が良い所を中心に探しました。

「どんちゃん」さんの転職活動の進め方

まずは転職サイトを毎日チェックしていました。

それだけではイメージがわかなかったため、複数の転職エージェントを登録し、紹介される案件を確認しその案件と関連づいた仕事を中心に探しました。

しかし、転職活動を終えてから思うことは転職エージェントを複数利用する必要性はあまり感じなかったです。

理由としては、案件を紹介されたが自身の経歴や希望と照らし合わせて紹介されるため、どこも同じような案件の紹介ばかりであったためです。

具体的な転職方法を教えてもらってからは、転職エージェントを介せず結局転職サイトで気に入ったものに片っ端から応募していました。

あわせて読みたい


こちらの記事で転職サイト・転職エージェントのおすすめを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年4月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年10月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

在籍しながらの転職活動だったため、時間を取ることが大変でした。

特に前職はサービス業であったため、休みが直前にしか決まらずに予定を組むことが難しかったです。

しかし、幸いにも自分自身がシフトを作る立場でしたので、時間の調整はしやすかったので良かったです。

前職では店長になるように促されているところだったため、転職活動をしているということをバレないようにすることが大変でした。

また、自身就職活動もろくにしていなかったため、志望動機や転職理由を考えることが大変でした。

「どんちゃん」さんが転職先を選んだ理由

無期雇用派遣という働き方に魅力を感じたためです。

昨年末結婚し、サービス業、シフト制というものは現状良くてもライフイベントを考えると後々厳しいと考えていました。

無期雇用派遣は、派遣先で就業するという点では普通の派遣社員と変わらないが、派遣元の正社員となることで福利厚生が通常の派遣社員よりも優遇されているという点が魅力的でした。

また、サービス業から事務職にキャリアチェンジを考えていたため、未経験で採用してもらいやすい無期雇用派遣が魅力的ででした。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:事務職員
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:派遣社員

転職後の業務内容

派遣元で決められたIT系の大手企業で営業事務として働いていて、内容は主にデータ入力や、集計を行っています。

仕事が無いときはコーヒーを淹れたり、電話応対や資料のファイリング等庶務的なことを行っています。

事務作業未経験のためエクセル・ワードに慣れていないため、それをまず慣れることが現在の主な仕事です。

仕事が無いときは通信の仕組み等を理解するために会社で用意された資料をひたすら学習し、知識をつけるということを繰り返し行っています。

「どんちゃん」さんの転職は「ちょっと成功」だった

自分の理想のライフワーク・バランスを実現できる環境になったため大まかにみると転職は成功です。

しかし、一点あげるとするならば、給料が大幅に減少したことが懸念事項です。

今までは時間はなかったが給料はそここあったため、お金がなく時間はたっぷりあるという全く逆の状況になってしまったことで、今度はお金の問題で実現できないことが増えたからです。

転職前は自由な時間があまりにも少なく、それを求めすぎた余りにそちら重視で転職を考えすぎてしまったことを少し後悔していますが、自由な時間があることは最高です。

「どんちゃん」さんの転職を振り返っての感想

私自身就職活動もろくにせずアルバイト先の正社員として社会にでたため、企業に訪問したり、自分の志望動機や自己PRを作成するのはすごく大変でした。

しかし、転職サイトや転職エージェントを利用すれば、それほど難しいことではないと感じました。

転職を迷っている人は、まず行動に移さなければはじまらにということをひしひしと感じています。

転職したいけど時間が無い等の言い訳はせずに、とりあえず行動に移したことでとんとん拍子に転職が実現出来たと感じています。

「どんちゃん」さんの今後の目標

事務職未経験であるため、まずはキャリアを築き上げていきたいです。

現職は派遣元に頼んで、仕事内容が難しいが実務経験が多く積める企業を紹介してもらったため、数年(派遣のためいつまで就業できるかは定かではないが)はがむしゃらに働き続けたいと考えています。

また、派遣で長く働き続けるためには資格の取得等も必須だと考えているため、現職での実務経験と同時進行でTOEICやMOSなどどこにでも役立つような資格取得を目指し、太く長く続けれるようにキャリアを形成していきたいです。

「どんちゃん」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職活動は行動しなければいつまでも現状は変わらないと思います。

どんなに現在の仕事に追われていても、時間が無いという前に行動を起こすべきで、転職したいと思うということは、今の仕事の何かに不満を感じているということです。

私の周りの人も、仕事を辞めたいや転職したいと口に出す人はいますが、頻繁にそういったことを口にしている人達ほど本気で転職活動を行わないものです。

思っているだけでは何も変わらないので、自分自身で理想な生き方があるならば、それを実現するためにまずは行動してほしいと思います。







-20代女性の転職体験談
-, , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.