30代男性の転職体験談

営業マネージャーが仕事に疲れた環境を変えるために転職した体験談

2020年4月27日

東京都にお住いの30代男性「km81」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「km81」さんが前職を選んだ理由

海外に興味を持っており、海外と繋がった仕事がしたいと思い転職活動をしていました。

前職は海外からの人材を日本側で受け入れ、日本の企業で働き、その在職期間中の生活のサポートをする会社でした。

海外(フィリピン)と日本との懸け橋になる人材を受け入れ、監理していき、より多くの人材を企業に奨める仕事に非常にやりがいを感じました。

国際貢献の一部でもあり、人材不足の日本と仕事をしたい海外の方をマッチングさせる業務に非常に魅力を感じ、前職を選びました。

前職の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:営業
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:500万円~600万円未満
  • 役職:マネージャー
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年以上

前職の業務内容

日本のメーカー企業を訪問し、海外の人材を受け入れてもらう営業をしていました。

日本の工場は人手不足と言われており、中々人材が集まりませんが、海外では日本で働きたいという人材がたくさんいますので、その人材を日本の企業へ紹介しておりました。

紹介だけではなく、海外からの人材が日本での生活に困らないよう支援したり、受け入れ先の企業を巡回し、海外人材の評価や、改善点を指摘いただき、海外の人材にフィードバックし、より良く働けるような仕組みを作っておりました。

人材の評価が善ければ、再度、海外人材のオーダーが頂けるため、2期生、3期生の人材獲得に注力しておりました。

「km81」さんの転職のきっかけ

転職前はワークライフバランスが非常に悪く、土日もほとんど仕事で休んだ気がせず、家に帰ると疲れて寝ているだけの生活で、妻、娘にも迷惑をかけていました。

今後の事を考え、よりワークライフバランスがとれた会社に転職したかったのと、ずっと単身赴任生活であったので、家族で生活できる東京勤務での場所を考え転職しました。

娘が生まれた時から単身赴任生活であった為、家庭の事もほとんどしておらず、家庭の事も積極的に関わっていきたいと思ってました。

「km81」さんが転職活動で重要視していたこと

まずは、条件(給料、福利厚生)が自分の求めるものとそんなに差がないことが重要で、家族がいると条件が大幅に下がるのは非常に避けたかったからです。

次に働き方ですが、時差出勤が出来るのか、コアタイムはあるのか、残業はどれくらいか、土日出勤はあるのか等、を重視しました。

後は、会社の状況(PL、今後のビジョン、雰囲気)も確認して、働くにあたりどんのような雰囲気か、一度事務所にも入らせて頂き雰囲気を味合えるなら味わいたいとも考えてました。

「km81」さんの転職活動の進め方

具体的にはリクルートエージェントに登録をし、アドバイザーと面談をして頂き、私の希望条件などを説明し、求人票を頂きました。

求人票を頂き、興味がある会社、興味がない会社、検討がつかない会社に分けて、アドバイザーと相談をしながら応募していきました。

検討がつかない会社もアドバイザーより会社の状況などを教えて頂き、応募するかしないかの判断をしていました。

興味がある会社についてはとりあえず応募し、書類選考が通過したうえで、再度アドバイザーと面談を受けるか相談していました。

あわせて読みたい


こちらの記事でリクルートエージェントの特徴と評判をまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:30社~40社未満
  • 内定社数:2社
  • 転職活動開始:2018年10月頃
  • 転職活動期間:2ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

東京都内での転職を希望しており、面接が東京でしたので、転職活動中は東海地方で単身赴任生活をしていたため、東京都内での面接が非常に苦労しました。

土日や、金曜日の夜遅くでの面接、東京本社で会議がある時に面接を設定したりするのが非常に大変でした。

ただ、毎日東京都内にいるわけではないので、17時~A社社、19時~B社、翌日9時~C社というようになるべくまとめて面接が出来るように工夫はしました。

中々思い通りにはいかなかったですが、アドバイザーの方が何とか調整して頂けました。

「km81」さんが転職先を選んだ理由

二次面接の際に、社長と面談しましたが、その時に会社のビジョンと社長の人柄に魅かれ入社を決めました。

非常に社長との距離が近く、一緒に働くとワクワクする感じがして、今まで経験したことのない業種ですが、慣れてくると仰っていただきました。

話をしていくと非常に楽しく、面白そうと直感で思いましたし、人を大切にし、家族を大切にする感じが私には合っているなと思いました。

働き方改革を言われている中、「やるときはやる。やらない時は帰る」というようなメリハリをつけた仕事ができると感じ選びました。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:営業
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:500万円~600万円未満
  • 役職:マネージャー
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

転職後の会社はクラウドファンディングのサイトを運営する会社であり、メイン顧客がNPOです。

団体数が非常に多く、私が入社するまで、1社に対するサポートがあまり出来ていませんでした。

そこでNPOを訪問し、クラウドファンディングのページを公開しませんか?や、現在のNPOの現状を確認し、今後、このように資金集めをしていけばいいというような、コンサルティング営業をしていました。

NPOは資金繰りに非常に困っている団体が多く、資金繰りの一つとしてクラウドファンディングを提案しておりました。

「km81」さんの転職は「成功」だった

良い意味で働き方が変わりました。

自分の時間、家族の時間がとれるようになり、土日もめったに出勤が無いため、ワークライフが非常にバランスがとれましたし、条件(給料等)もほぼ変わらなかったので、成功と言っていいです。

ただ、営業マネージャーの為、数字に対する責任は増えましたが、非常にやりがいを感じてます。

メリハリをつけての仕事が出来ているため、必ず今日までにやらなければいけないことは今日までに終わらせ、今日は早く帰るというような仕事のスタイルに変わりました。

「km81」さんの転職を振り返っての感想

非常に勉強になりました。

業種を絞らず、色々な業種を見てみたいという考えもあり、面接では自分の知識のなさを痛感したりしましたが、業種というよりかは「自分に何ができるか。この会社で何を貢献できるか」という事が非常に大切になってくるのかと感じました。

知識は後からつくと言われますが、ある程度の知識は入れてから望んだほうがいいかなと思いました。

面接で何も答えられないより、少しでも興味をもって臨んだ方が後々自分の為になるとも思いました。

「km81」さんの今後の目標

今後もワークライフバランスをしっかりと保ちつつ、営業成績を上げていきたいです。

そして、今後もマネージャーとしてチームを纏めて、チームとしての成績、メンバーの成績、個人の成績どれも達成できるようにしていき、誰からも頼られるマネージャーとなり、会社の運営を任せられるようになりたいです。

将来的には起業をし、自分の会社を持ちたいと考えていますが、それができるのがいつになるかはまだ不明ですが、日々勉強していけたらと考えてます。

「km81」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

興味をもった企業はどんどん応募していけばいいと思いますし、書類選考が通過した時点でアドバイザーに相談しても十分に間に合います。

自分一人での転職活動は限界がありますし、情報がなかなか入ってきませんので、転職エージェントは必ず使った方がいいと思います。

一人で考えないで、その道のプロに任せた方が良いですので、是非活用することをお勧めします。

後は、あまり業種を絞らず、色んな会社を見ることもお勧めで、自分への知識が増え、転職したとにも役立つと思います。







-30代男性の転職体験談
-, , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.