20代女性の転職体験談

歯科助手・受付が資格がないと業務範囲も限られ手に職をつけるため転職した体験談

2020年6月15日

大阪府にお住いの29歳女性「はる」さんの「1回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「はる」さんが前職を選んだ理由

家の近所でオープニングスタッフを募集していたのが前職の歯医者でした。

元々オープニングとして職場で働く事に憧れがあり、1からスタッフ達とクリニックを大きくしていく一員になれたらいいなという思いがあった事から選びました。

ちなみに私は医療関係の資格は何もなく、病院や歯医者で働く事じたい全くの初めてだったのですが、オープニングスタッフの他に給料も20万と悪くなく、自転車で通える程の近場だった事も選んだ理由です。

前職の詳細

  • 業種:医療業界
  • 職種:歯科助手・受付
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:歯科医師のアシスタント
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:1年未満

前職の業務内容

基本的には歯科医師のアシスタントをしていて、歯を治療している横で、バキュームという機械で唾液を吸い込む作業がメインです。

また、先生に頼まれた薬剤を持ってくる仕事や、患者さんを治療室へ案内をする仕事で、子供など、治療を怖がる患者さんを安心させてあげる事も大事な仕事です。

そして、レセプションは治療のアシスタントに入っていないスタッフが順番に行い、受付や、お会計、出されたお薬の説明なども基本的には歯科助手が行っていました。

「はる」さんの転職のきっかけ

歯科助手は資格がなくてもできる仕事であり、誰でもできる仕事である反面、資格がないからこそ携われない業務内容がたくさんありました。

それが物凄くもどかしかったので、何か自分の手に職をつける仕事がないかずっと考えていました。

学校に通うお金もなく、歯科衛生士も断念して他に自分が本当に興味があるものに手を出してみようと思い転職しました。

転職するまでにアロマセラピスト検定を取り、施術テストをしてもらい合格に至ったので就職しました。

「はる」さんが転職活動で重要視していたこと

ちょうど一人暮らしから実家に引っ越したという事もあり、給料はさほど重要視しませんでした。

以前の歯科助手とは違い、エステサロンは自分の実力、腕1本で勝負する世界という事もあり、きちんと研修制度があるところを第一に重要視して探しました。

物凄く忙しい店だと、割と研修が疎かで流れ作業になりがちだと聞いていたので、ややアットホームな個人経営のサロンで、きちんと教えてもらえる時間や余裕のありそうな店を選びました。

「はる」さんの転職活動の進め方

最初はタウンワークなどの情報誌や、ネットなどで探していましたが、中々自分の思うようなエステサロンの求人が見つからず一件も応募する事はありませんでした。

元々私自身エステが大好きでよくエステサロンに行くので、これを機にいろんなサロンを回って、働く環境が良さげな店を自分の目で確かめようとおもいました。

そこで、転職先の店にまずは客として伺い、とても教育がきっちりされていると感じたので帰宅してから、そのサロンのHPを検索しました。

求人を募集していたので、そこで電話をしました。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年9月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年10月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

やはり自分の実力で勝負する世界なので、お客様の施術に入るまでとても苦労しました。

最初は受付のみで、店が終わってから1日2~3時間ぐらい先輩に施術方法をひたすら特訓してもらいましたが、初めての挑戦なのでなかなかうまくならず、技術も身につけれずにいました。

なので、休みの日は友人などを呼んで練習台になってもらって、そこで徐々にコツを掴めるようになりましたが、結局施術に入るまでには1ヵ月はかかりました。

「はる」さんが転職先を選んだ理由

様々な求人サイトを見ていましたが、給料はだいたい月20万とどこも同じだったのですが、今までエステサロンで勤務した経験もなく不安だったという事もあり「研修制度」に力をいれているサロンに就職したいと思って探していました。

選んだサロンの求人には、勤務終了後は毎日2時間ほど先輩からの施術テスト、練習ができると書いてあったので選びました。

また、面接をうけてまだ採用もされていない段階でも施術をチェックしてもらい、それが決めてになりました。

転職後の詳細

  • 業種:美容業界
  • 職種:エステサロン
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:アロマセラピスト
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

エステサロンには痩身エステとアロマエステがあったのですが、私は主にアロマエステをメインに施術していましたが、まれにフェイシャルエステもやっており、人手が足りない時は痩身エステを手伝っていました。

手で行う施術だけではなく、セルライトを潰す効果のある脂肪燃焼マシーンなども使いながら施術を行なっていました。

施術がない間は、受付も担当しています。

「はる」さんの転職は「成功」だった

思っていた通りの職場だったからで、求人ページに書いていた通り、研修制度はしっかりしていました。

人によったら割と過酷なのかもしれませんが、中途半端な技術で施術に入ってお客様とトラブルになるのは絶対に嫌だったので、1ヵ月も毎日何時間も研修を設けてくれた事で技術も手に入り、自信もつきました。

また研修中はどの先輩も優しく、私は割と不器用な方だったにもかかわらず誰一人叱ったりせずに丁寧に教えてくれた事がすごく大きかったです。

「はる」さんの転職を振り返っての感想

私の性格的に転職して大成功だったと思います。

できる事が限られていた歯科助手時代は責任なんてものは勿論なく、すごくもどかしい日々を過ごしていました。

これからずっと定年まで歯科助手ができるか?と考えたらそれはむずかだろうし、どちらかというと仕事にはやりがいを感じながら働きたいタイプだったので、手に職がないままなのが凄くストレスでした。

転職してからは、やはり夢が広がり自分への可能性も高まり、毎日充実した日々を過ごせています。

「はる」さんの今後の目標

自宅でエステサロンを経営する事です。

昔から、自分でなにかお店をやりたいというのは漠然と考えていました。

誰かの下で指示されて動くよりも自分自身で行動する事が好きだったので、施術がもっとうまくなって、指名のお客様がつき自信がもっと持てるようになったら部屋を借りて独立するつもりです。

エステ業界は独立するスタッフが多いため、先輩方も応援してくれていて、自分の腕1本で生計が立てられるようになるのが今の目標です。

「はる」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

今の職場を辞める事を考える前に「自分は次に何をしたいか」を明確にする事が大事だと思います。

先の事を考えずに辞めてしまうと、中々仕事が決まらなかったり、いい職場に出会えなかったりする事があるので、できれば在籍中に漠然とした理想でも構わないので、やりたい職種を見つける事が大事です。

お給料面だけで考えて、職種はなんでもいいという方もいるかもしれませんが、そうなるとやりがいがでなかったり、仕事じたいを好きになれずに辛くなってしまうかもしれません。

自分のやりたい事、好きな事を第一に考えてみるといいかもしれません。







-20代女性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.