30代女性の転職体験談

企画営業が失恋がきっかけで自分に自信がないのを変えたいと転職した体験談

2020年9月16日

東京都にお住いの30歳女性「サラ」さんの「2回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「サラ」さんが前職を選んだ理由

広告関係に就職希望していたが、なかなか採用になりませんでした。

そこで、就職できたのが広告代理店の下請けの会社で印刷関連の手配をしてました。

川上の仕事に携われたことは、基礎の基礎を学べるということで大変勉強になるともおもっておりましたので、給料は低かったですがここでの就職を決めました。

また、職場での人間関係はとても重要視しておりますので、面接官の雰囲気が良く、女性が生き生き働けそうだなと思い、それも決め手の一つになりました。

前職の詳細

  • 業種:広告関係
  • 職種:企画営業
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:3年未満

前職の業務内容

もともとは営業アシスタントとして、社内で働いてましたが、アシスタントといか、社内営業にちかい感じで、電話、メールで済むやりとり、進行管理、請求関連を担っておりました。

この会社は店頭広告(セールスプロモーション)に関する事業をしており、そこで使う広告用ツールの企画、ツールの製作、手配を行なっておりました。

その後、もともと営業になることを目標にしておりましたので職種を営業へ変更いたしました。

毎日顧客の元へ行き、サンプルのお届けや新商品、新企画の自主提案などをしておりました。

「サラ」さんの転職のきっかけ

私が好きになった人に振られたことがきっかけでした。

当時私は自分に自信が持てず、彼に振られてしまった時は自分に魅力をつけて見返したいと思いました。

何ができたら、何を手にしたら自分は前を向いて堂々と生きていけるかを考えた時、精神的、経済的に自立した女性になることだ、と思ったのです。

今の仕事でそれが満たせてないのなら満たせる地位についてやると思い、キャリアアップを意識しはじめました。

今の会社ではキャリアアップに限界があると思い転職活動を始めました。

「サラ」さんが転職活動で重要視していたこと

転職活動では3つのことを意識してました。

一つ目は広告関係の業界で企画から携わって仕事ができるかどうかです。

どんな仕事をしてるのか、自分の納得いく仕事ができるかということは私にとって大切ですので、仮に水商売でいくらお金もらえても私には満足できないのです。

2つ目は、年俸で100万以上アップさせることです。

3つ目は女性が働いやすい環境かどうかですが、このご時世ハラスメントに関してはどの企業も敏感になってきてますが、やはりこの事は気を付けてます。

「サラ」さんの転職活動の進め方

ビズリーチリクナビNEXTも登録していましたが、基本的には広告業界専門の転生代理店のマスメディアンの方と共に転職活動をしてしました。

良くネットで求人広告を見つけて自分で面接に行ってということがあるかと思いますが、個人的にはこのやり方をお勧めしません。

転職活動は結構メンタルやられますし、現職の仕事であまり転職に時間が割けないため、窓口に行けば直接人に会え、相談ができる転職代理店の方と一緒に転職活動をしていくことをお勧めいたします。

マスメディアンでは、面接までついてきてくれることもありました。

あわせて読みたい


こちらの記事でマスメディアンの特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でビズリーチの特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でリクナビNEXTの特徴と評判をご紹介しています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社~20社未満
  • 内定社数:2社
  • 転職活動開始:2018年11月頃
  • 転職活動期間:2ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年2月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職理由作成が苦労しました。

本音では給料上げたいってのがありましたが、それはダイレクトに言いたくなかったのでどういう表現にしようか、同レベルアップしていきたいか、今まで私は何をしてきたのか、自分がその会社で何ができるのか、など考えることがたくさんありました。

と言うのもそれまでわりかし明確な目標のもと働いてわけではなかったので、自分が何者なのか何を目指しているのかなど、考え伝えるのに苦労したのを思い出します。

「サラ」さんが転職先を選んだ理由

もともと広告のお仕事がしたく前職につきましたが、大手広告代理店の下請けの下請けみたいなポジションでしたので、直クライント(広告主)と仕事をして企画段階から携わりたいと思っておりました。

現在の会社では望み通り、直接クライアントとのやり取りがあり、またそれなりの大手のお客様のため責任感は大きいですがその分やりがいをもって仕事に取り掛かることができています。

また、給料を上げたく、年俸で100万円以上あがるということも選んだ理由です。

転職後の詳細

  • 業種:セールスプロモーション 広告関係
  • 職種:営業
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

セールスプロモーションに関する業界で営業として日々お客様様と企画の打ち合わせ、提案、作成の手配、その後の請求処理、クライアントからの支払い金額の請求までしております。

今の会社では比較的担当クライアントに関する事は基本全部担当営業1人で担っています。

デザインに関することや実際の制作に関しては外注や、社内デザイナーの方にお願いしてます。

しかし、この通り一連の流れは基本的に自分一人で担っていますので結構多忙です。

「サラ」さんの転職は「ちょっと成功」だった

基本的には前職よりも給料アップしましたし、やり方もできてるので満足してます。

しかし、給料アップはまだしたいと思っていていますので、この会社に居続けての大幅な給料アップは難しいと考えておりますの、ちょっと成功という選択にいたしました。

また、現職は昨今にも関わらず労働時間がかなり長いです。

帰りたい時に帰れますが、その分仕事は溜まりますのでなかなか帰れず、朝9時までに出社してから深夜0時まで働いてることもざらです。

「サラ」さんの転職を振り返っての感想

転職は大変勇気のいることだと思いますし、根気もいります。

希望していたところに向けて、時間がない中一生懸命志望動機を考えて準備しても容赦なく落とされます。

良く言われたらことですが、面接というのはお見合いみたいなもので、気に入った相手とくっつくためにあれこれ頑張るが相手あってのことなのでいくらアピールしても向こうに受け入れられなければ振られます。その時のショックは本当に恋愛に似たものがありそれなりに辛いです。

「サラ」さんの今後の目標

今後は給料アップのためにさらに転職を考えておりますが、国内企業では、度重なる転職は好印象を受けません。

そのため最低でも今のところで3年以上の勤務を経ることを最低限の目標とし、またこの会社で何をしたのか何を身につけたのかということを次の会社で説明できるようにしたいと思います。

具体的には企画書をたくさん書いて企画力、プレゼン力をつけていき企画営業としての力をしっかりこつこつと伸ばしていきたいと思っております。

「サラ」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職サイトはたくさんありますが、闇雲にどのサイトでも良いというわけではありません。

各サイトにはそれぞれのメリット、デメリットの特徴があるため、自分の行きたい業界に精通してる転職サイト、転職代理店なのかをまず話は見極めるところから始めた方が効率的です。

そして、志望動機にマイナスなことは書かない方がいいです。

例えば、転職理由に、セクハラをはじめ何かしらのハラスメントを受けて嫌でやめましたや、給料が低いのでやめましたなどです。







-30代女性の転職体験談
-, , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.