40代女性の転職体験談

グラフィックデザイナーが会社が業績不振で人員削減により転職した体験談

2020年9月23日

新潟県にお住いの44歳女性「まこも」さんの「4回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「まこも」さんが前職を選んだ理由

もともとデザインや芸術に興味があったことから商業デザインの専門学校を卒業し、商業デザインのノウハウを学びそれを活かせる職に就きたいと思い選びました。

仕事内容は自店のチラシ制作がメインで、何気なく配置されている様に見えるチラシですが、緻密に計算されているのがグラフィックデザインで、その出来いかんによっては売り上げを大きく左右します。

そこがやりがいがある仕事だなと感じデザインの職につきました。

前職の詳細

  • 業種:小売業
  • 職種:グラフィックデザイナー
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:アルバイト・パート
  • 在籍期間:5年以上

前職の業務内容

自店舗の月一チラシと週刊チラシ、店内POP、顧客DMのハガキ作成が中心ですが、他にも他社のチラシをデザインすることもありました。

チラシでは売り出したいものを如何に最大限に魅力的に見せるかが重要で、季節のイベントと絡めたりしながらマネージャーとよく戦略を相談し作成していました。

店内POPは来店してくれたお客さまに出来るだけ商品を目に止めてもらえるようキャッチコピーを考えるような感じでした。

他社チラシはいかにオーナーさんの意向を汲み取れるかに注意し制作していました。

「まこも」さんの転職のきっかけ

先にも書いたのですが、前職が業績不振による業務縮小で自分のいた部署の人員削減となりやむなく転職をした次第で、自己都合ではなく会社都合の退職でした。

そこで今の自分の年齢も考えもう次の転職をしなくてもいいように、廃業などなさそうな大きな会社を選びました。

今までの経験をいかしつつさらに新しい仕事によるスキルアップも望めると思いこの会社にしました。

社員の皆さんの雰囲気も生き生きとしており、自分もここで頑張りたいと思えました。

「まこも」さんが転職活動で重要視していたこと

まず1番は収入ですが、今まで通りの収入かもしくはそれより少しアップしたところを目標に探し、そのなかで少しでも今までのスキルが活かせればいいかなとおもいました。

次に重視したのは、休みの曜日と残業で、まだ子供が低学年だったのでできるだけ子供との時間をつくりたいと思いました。

今までは休みがとれず、参観、試合などかわいそうな思いをさせてしまったこともあったので次の職場はその点をよく検討して選びました。

「まこも」さんの転職活動の進め方

まずはハローワークのインターネット検索で求人を毎日チェックしていきましたが、特に土日祝休みの好条件はすぐに応募が殺到するので小まめにチェックしました。

それから全ての求人雑誌を発刊日に毎週集め、自分の希望の仕事以外にも視野を広げてくまなくチェックしていき、気になった所は電話で問い合わせたりもしました。

タウンワークのネット検索や、派遣会社のフルキャストに登録し派遣も視野に入れて探していき、いつも繰り返し出ている求人は会社の評判を聞いたりもしました。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年4月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年6月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

面接前に書類の郵送のところも結構ありましたので、まず第一印象で落とされない為に写真屋さんに行って、ちゃんとした履歴書の写真を撮ってもらいましたが、簡易的なところよりずっと印象よくできました。

あとは髪型、メイク、服装ですが、私は痩せ型で貧弱に見られがちなのでふっくら見えるように全て工夫しました。

スーツも明るめのものを選び、とにかく明るく健康的なイメージを持たれたるよう気をつけ、電話での声のトーンにも気をつけました。

「まこも」さんが転職先を選んだ理由

前職が業務縮小により退職せざるを得なくなり、今までのスキルも生かしつつもっと安定した以前より大きい企業を探しており、ちょうど希望に合った求人があったので選びました。

この会社では製作の仕事と事務が半々にあり、製作の仕事では付きものの残業がないのが大きな魅力で、店舗ではないので土日祝がキッチリ休みなのも魅力でした。

給料は少し下がりましたが他の条件が全て満足出来るものだったので今の会社に転職を決めました。

転職後の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:グラフィックデザイナー兼 事務
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:アルバイト・パート

転職後の業務内容

メインの仕事内容としては、会社販売商品のパッケージのデザイン、他社のシールやカードデザイン、会社内のあらゆる印刷物のデザインやデーター管理などを行っています。

事務仕事では、電話応対、お客様対応、書類の作成など、商品の仕入れなどが中心です。

他にも、手薄の部署に臨時で荷造りの手伝いや商品管理、顧客データの入力などありとあらゆる仕事を手が空いていればサポートにはいるかたちでしていました。

繁忙期には1日の大半が事務仕事だったりと色々変動のある職場ですので、慣れるまで苦労しました。

「まこも」さんの転職は「ちょっと成功」だった

まず1つは給料がすこしだけ下がったことです。

それから出来れば今までの半分くらいの時間で通えるところと思いさがしましたが、渋滞を含めるとさほど変わらないということがわかりました。

それから思った以上に様々な仕事をこなす必要がありすごく忙しく、自分自身スキルアップしないと時間内にこなせず周りに迷惑をかけてしまうということもあります。

でも残業がなく休みがキッチリしていて、有給も希望日に取りやすいので失敗か成功かで言えば、成功と思っています。

「まこも」さんの転職を振り返っての感想

前職は10年以上も勤め、分からないこともなく自分の下にスタッフがつくような感じのポジションだったので、転職しまた一年生になってしまいストレスを感じたりもします。

でもある程度の年齢での転職はどこへ行っても同じで、自分より若い人に仕事を教わるなどは当たり前と思っていますので割り切りました。

休みの条件などは転職でしか変わりにくいと思いますので良かったと思います。

やはり新しい発見や刺激はたくさんあるので人間的なスキルはアップすると思います。

「まこも」さんの今後の目標

まずは目の前の自分の仕事をミスなく正解に、そしてもっとスピードアップしてこなせるようにならなければとおもいます。

その上で、適度なコミュニケーションをとって仲間をふやしできるだけストレスなく毎日仕事したいです。

給料アップはしにくいポジションですが、会社の業績がいい時はボーナスも出ていますので業績アップに貢献するような仕事振りができれば長く働かせてもらえるとおもいます。

もっと広く全体の状況をみてうまく立ち回れる様になりたいです。

「まこも」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職は怖いと思いますが、年数を重ねるほどに新しいかいしゃに馴染んで段々と仕事で感じるストレスは少なくなってくるとおもいます。

常に求人はチェックしもし自分に合う良い求人があったときは、巡りあわせと思って勇気を出してみるのもいいと思います。

転職でしか変わらない状況というのもたくさんあると思いますが、人間関係が悪いのは本当に辛いので、この場合は早めの転職をおすすめしますが、私は10年間気の合わない同僚とは最後まで分かりあえませんでした。







-40代女性の転職体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.