30代男性の転職体験談

人材派遣営業が休日も電話が鳴り休めないし呼び出しもあり転職した体験談

2020年7月27日

愛知県にお住いの32歳男性「ヤヨタマ1340」さんの「3回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「ヤヨタマ1340」さんが前職を選んだ理由

私が前職を選んだ理由は、収入面の向上、キャリアアップをしていく土壌があると感じたためでした。

前々職では飲食店勤務を6年程していましたが、そこでは店長以上の肩書がなく年齢を重ねても収入が上がることはなくいずれ身体がついていかなくなるのでは無いかという不安ばかりを持っていました。

ですので、役職が多くありキャリアアップをしていけることが必要であると考えていました。

また、収入面が向上するのであれば自由時間が減っても構わないとも考えていた為、インセンティブの有る無しで判断をしました。

前職の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:営業
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:3年未満

前職の業務内容

製造系に特化した人材派遣の労務管理営業です。

採用媒体からの応募者に連絡を取り、仕事を紹介し、双方の同意が取れましたら、アパートの借り入れをして応募者の方の生活環境を整えます。

その後、派遣先に紹介し、業務にあたって頂き、業務開始後は生活面や精神的な面でのフォローもしていきます。

工場は24時間稼働しているため、従業員の方からの電話が四六時中鳴るようなこともあり得る仕事です。

ですが、逆に言うと従業員が全員出勤さえすればそれだけで売り上げが立ってしまうため儲かりやすい仕事だと言えます。

「ヤヨタマ1340」さんの転職のきっかけ

四六時中、携帯電話が鳴る可能性があることが大きいことで、実際に土日でも深夜でも呼び出されて対応したことも何度もあり、辛かったです。

また、当初聞いていたキャリアアップや社内体制の話にも偽りがあることが入社後に分かり、インセンティブは取得条件が厳しすぎて取れませんでした。

コンプライアンス違反も横行しており、長く勤めていける場所では無いと言うのは感じていましたが、役職者の退職が相次ぐ様子を見ていて、転職を決断しました。

「ヤヨタマ1340」さんが転職活動で重要視していたこと

私が重要視していたこととして、2つのポイントがあります。

1つ目は、前職で感じていた人と関係を築いて売り上げを上げていく「ルート営業」のような業務内容であるかどうかです。

2つ目のポイントは、前職では24時間落ち着かない日の連続だったため、自分の自由時間をしっかり確保することが出来る仕事かどうかです。

この2つを満たしていれば、年収やその他の条件は一旦考えないようにしました。

また、面接しなければ分からないことではありますが、先方の対応態度、人柄を図るというのも後半は重要視していました。

「ヤヨタマ1340」さんの転職活動の進め方

初めての転職活動で利用していた「マイナビ転職」「エン転職」「ジョブラス転職」を利用して進めました。

ただ、在職中での転職活動であるためそれほど時間も一日に取れず、最終的にはマイナビ転職だけに絞り、自己プロフィールだけを拡充し、スカウト機能を利用して仕事を物色するような状態でした。

ただ、スカウトして頂けるような職種だけでは少し物足りなさもあったため、そのスカウト企業からよく似た企業で表示されるところを見つけて、会社の評判などをネットで確認しながら進めていました。

あわせて読みたい


こちらの記事でマイナビ転職の特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でジョブラス転職の特徴と評判をご紹介しています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年2月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2020年4月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職も今回で2回目であり、また前職で採用面接をしていた経験もあったことから、思っていたより苦労したと感じることは特にありませんでした。

ただ、工夫した点としては2点あり、一つは就業希望先の社長の名前を覚えてから面接に臨むことです。

これは、営業に行く際に訪問企業の社長の名前を覚えるという習慣から意識したことでしたが、実際に質問され、答えた時にこの質問に応えられたのはあなたが初めてだ!と非常に良い印象を持って頂くことが出来ました。

また、もう一つは自分のバックボーン、家庭環境についてさらけ出す必要のないほどに細かく伝えることを意識しました。

こちらが裏表なく接すること、またそれに裏付けられた経歴や行動理念であることを説明できると、高い共感値を持って頂く事が出来るからです。

「ヤヨタマ1340」さんが転職先を選んだ理由

一番良かったのは、対応して下さった方々の人柄です。

始めは求めていたキャリアアップが可能か、自分が望んでいるようなルート営業の仕事が出来るのか、ばかりを気にしていましたが、次第に現場の皆さんが気さくに話しかけて下さったり、親身に話を聞いて下さることを有難く感じるようになりました。

最終面接では、その雰囲気もあり社長様にも希望収入を下回る等私からの懸念事項を伝えさせて頂きましたが、それらの質問にも親身に応えて下さったことが印象的でした。

転職後の詳細

  • 業種:メーカー系(電気・電子・機械系)
  • 職種:営業
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

工場、学校、寺院、農家などで利用されるような業務用の焼却炉の販売営業です。

普段は取引実績のある案件を定期訪問し、修理やメンテナンスをしながら関係値を深め売り上げを立てていきます。

また、商社向けに展示会に参加したり、ネットを通して興味を示してくださった顧客に対して商品説明をすることで新たな焼却炉の販売に繋げることも大事な業務です。

車での移動が1日300キロと大変であり、また焼却炉のメンテナンスは外での作業なので大変な面もありますが、競合のいない商材である為売りやすさはあります。

「ヤヨタマ1340」さんの転職は「ちょっと成功」だった

前職に比べ、年収が100万円以上下がってしまうためです。

とはいえ、報奨金の制度があるため、私が初めから製品を売りまくることが出来たなら、今以上の収入にはなりますが、そんなに世の中甘くないことも分かっています。

また、機械いじりの経験のない私がどこまでメンテナンスに対応出来るのかも不安です。

しかし、前々職、前職の経験を経て、大概の仕事は努力でどうとでもなることも体感としては持っているため、初めての転職の時ほどの不安は持っていません。

故に、ちょっと成功だと思っています。

「ヤヨタマ1340」さんの転職を振り返っての感想

今回は非常にすんなりと決まってしまった為、それほど大変だとも辛いとも思いませんでした。

ただ、前職が人材業界だったことも相まって、感じるのは、定説である転職回数が多いと良くないという話ですが、様々な業種を経験するたびに知識や度胸がついていき、人間的に器が大きくなっていると感じることがあります。

これからは正社員でもより流動的になっていく時代だと言われているため、むしろ転職を重ねることで色んな経験を積むこともいいのかもしれないと今は思っています。

「ヤヨタマ1340」さんの今後の目標

基本的には、今回決まったお仕事で前職の年収のプラス200万円にすることが目標です。

年齢的にも、それだけの収入があるべきだとは考えていますし、培ってきた営業のスキルを活かしていけばそこまでは割と短い時間で到達できるような自信もあります。

そこが達成出来たら、毎日怪我や病気無く、定時に仕事を始めて定時に帰宅し、家族と団らんする。

そうやって日々を重ねていくが出来れば、これ以上無い幸せであると思っています。

「ヤヨタマ1340」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

急いで仕事をしないといけないとか、どんな条件でもいいから頑張るだとか、そういう状況で転職しなければならないような転職活動はオススメしません。

在職中に取り組んで、心にゆとりのある状態である方が自分の軸を見失いにくくなると思います。

また、仕事というのは「収入」「将来性」「業種」「立地」であるとか、数えても両手の指の本数で足りる程度の観点からの選び方しかありません。

最終的には入ってみなければ分からないですから、余計なことは考えずに直感を大切にして下さい。

直観というのは好みですが、自分の好みを選んで後悔するケースは少ないと思います。

また、それで駄目ならすぐ次を見つければいい、という気楽さも持ち、思いつめず、楽しむことが大切だと私は思います。







-30代男性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.