20代男性の転職体験談

配食サービスの宅配ドライバーがコミュニケーション能力に自信がつき転職した体験談

2020年10月9日

岡山県にお住いの25歳男性「スナドリネコ」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「スナドリネコ」さんが前職を選んだ理由

食を通して地域に貢献できるためです。

食べ物などお客様が注文された商品を、直接お客様の元に届ける仕事でした。

お客様と毎週、直接コミュニケーションがとれるので、自分のコミュニケーション能力の向上につながると思い、入社しました。

お客様の声を聞き、生産者に届ける、反対に、生産者の元に見学に行き、その声をお客様に届けるといった、消費者と生産者を繋ぐ取り組みをしているのも魅力の1つでした。

他にも社会貢献活動を多数しており、自分の仕事が社会に貢献していると強く感じたことも志望理由の1つです。

前職の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:宅配(配食サービス)
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:1年未満

前職の業務内容

毎週決まった時間に、決まったお客様の元に商品を届けることが主な業務で、1日あたり60~80人ほどのお客様の元に商品を届けていました。

基本的に直接お会いして、商品のことや世間話などのコミュニケーションをとっていき、おすすめ商品の宣伝なども行い、決められたノルマ分は販売する必要がありました。

また、配達だけでなく、新規顧客獲得のために、各家庭を訪問営業していましたので、新規獲得強化月間などは、配達後は毎日営業に出かけていました。

「スナドリネコ」さんの転職のきっかけ

前職で目標としていた、『コミュニケーション能力を磨く』ということが、自分なりに達成できたからです。

目安は、おすすめ商品の販売個数の目標をコンスタントに達成できるかということにしていましたが、始めは不慣れでしたが、慣れてくると目標をクリアできるようになりました。

何気ない会話を大切にしながら、お客様との信頼関係を築くことで、お互いにコミュニケーションがとりやすくなり、それが目標の達成に繋がりました。

この経験を繰り返すうちに、コミュニケーションに自信がつき、転職を考えるようになりました。

「スナドリネコ」さんが転職活動で重要視していたこと

地域に貢献できるかということと、自分がやりたい仕事なのかという2点です。

地域貢献に関しては、学生時代からずっと取り組んでおり、いずれ仕事にしたいと考えていたため、自分が以前活動で関わったことのある市町村を中心に、求人票を探していました。

自分がやりたい仕事かということに関しては、やりたくないことは続かないと考えたからで、仕事は人生の大部分を占めるので、自分がやりたくて、楽しめる仕事をしたいと思っていました。

「スナドリネコ」さんの転職活動の進め方

基本的に、自分がかつて関わった地域で、自分の関心ある農業や食、地域活性化といった分野で探していました。

リクナビNEXT」や「マイナビ転職」は登録して情報は得ていましたが、ある程度候補を絞って、自分で直接連絡をして、話を聞いたり、面接を受けたりしていました。

実際に職場を訪れると職場の雰囲気や働いている人の表情などが分かるので、自分が転職してからのことを想像しやすかったです。

訪問先に自分の熱意も伝えやすいので、直接会って話すということを重視しながら転職活動をしていました。

あわせて読みたい


こちらの記事でリクナビNEXT特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でマイナビ転職の特徴と評判をご紹介しています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2019年7月頃
  • 転職活動期間:6ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2020年4月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

エリアを限定して探していたので、自分の興味関心に合う企業がなかなか見つからなかったことで、転職先が決まったのも、たまたま人の入れ替わりがあったためです。

また、給与は決してどこも高いとはいえませんでしたし、内定は頂いたが、給与が安いところもありました。

転職先の企業は残業が無く、副業が許可されているため、本業と副業で生計を立てられ、かつ自分の興味関心に合う会社でした。

長い期間粘って転職活動していたことが、良い転職に繋がったのだと思います。

「スナドリネコ」さんが転職先を選んだ理由

もともとご縁のあった町の役場の出先機関になります。

その町に住みたくて求人を探していたところ、転職先の求人を見つけ、学生時代からお世話になっているということと、地域に貢献できるため、転職することにしました。

また、主に情報発信の業務をすることから、スキルを身につけられると思ったのも魅力の1つです。

役所の方だけでなく、地域の方や移住希望者など、様々な人と関わる職種になり、前職でコミュニケーション能力を養ったので、それをしっかりと発揮できる仕事だと思います。

転職後の詳細

  • 業種:公務員
  • 職種:事務
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

主に地域のイベントの情報発信と移住希望者への対応を行います。

町は地域活性化を積極的に行っており、その一環としてイベントが多数開催されますが、そのイベントに関して、町の中だけでなく外にも情報を発信して、町の魅力を伝えていく業務が主です。

また、移住希望者を積極的に受け入れているため、その対応もしますので、東京や大阪の移住相談会に行く、実際に町にやってきた移住希望者に、町を案内するといった業務に携わります。

他にも、施設の管理や移住体験講座の運営など、地域活性化に関わる仕事に関わります。

「スナドリネコ」さんの転職は「成功」だった

自分の希望を全て満たす会社に転職できたため、成功だと思います。

まず、自分のご縁のある町なので、知り合いがたくさんいますし、仕事内容も地域に貢献でき、かつスキルを習得することができ、さらには人の繋がりも増え、今後の人生に大いに役に立つと思われます。

給与は前職に比べて下がりますが、副業ができるので、給与全体としては変わりません。

社内には知り合いが数人いるので、仕事で分からないことや町での生活など、なんでも相談できる環境が整っています。

「スナドリネコ」さんの転職を振り返っての感想

転職活動期間がとても長かったです。

前職は半年ほど勤めて自分なりの目標を達成してからは、早く転職したいと思っていましたが、転職活動を始めてもなかなか決まらず、決まっても自分の条件を満たす会社ではなかったため、心苦しかったです。

しかし、動き続けていたら、いずれチャンスは巡ってくるものだと思っていましたが、転職先の求人をたまたま見つけられたのは、日々求人票を探していたからだと思います。

まさか、もともとご縁のある町への転職が叶うとは思いませんでした。

「スナドリネコ」さんの今後の目標

情報発信のスキルを習得しようと思います。

将来的に自営業を目指しているので、それに向けて効果的な情報発信の仕方を覚えたいと思っており、どのようなツールが良いのか、効果的な文章はどのようなものなのか、日々学ぶ姿勢を大切にしようと思います。

また、副業でもスキルを身につけようと思っていて、将来独立する時、武器の1つにしようと思っていますので、本業と副業のバランスをとりながら、スキルを身につけ、将来的な独立に結び付けようと思います。

「スナドリネコ」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

それぞれに合った転職活動の方法があると思うので、まずは色々試してみてください。

私のように求人票とひたすら睨めっこして、直接動くやり方や転職エージェントなどを活用するなど様々ありますし、併用するのも良いと思います。

また、自分自身が何をやりたくて、将来どのようになりたいのかということもしっかりと考えていくと、本当にやりたい仕事は何なのか、見えてくると思います。







-20代男性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.