50代女性の転職体験談

サービスカウンター事務職が会社の売上が上がらない業績不振で転職した体験談

2019年3月18日

愛知県にお住いの50代女性「ばーびー」さんの「5回目の転職」で「失敗」だった転職体験談のご紹介です。

「ばーびー」さんが前職を選んだ理由

誰でも知っている有名な職場で、新規オープニングスタッフとして募集をみつけました。

年齢的に難しいかなと思いながらも、オープニングスタッフ採用なら皆同期で上下関係がなく、オープン前研修から参加できるということで非常に魅力を感じました。

場所も名古屋駅なので通勤にもとても便利でしたが、時給はまあまあ良かったですが、かわりに交通費が出なかったので、名古屋駅なら公共交通機関でも交通費が安くて済むと考えました。

前職の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:事務兼サービスカウンター
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:アルバイト・パート

前職の業務内容

通常はサービスカウンターでお客様からのお問合せの対応や 返品等の対応、在庫管理、金庫の現金管理や他店へ移動する商品をピッキングなどを行っています。

ご注文頂いた商品がご用意出来た時などはお客様にご連絡をしていき、あまりご来店が頂けないお客様をピックアップしてご連絡してご来店をうながすなどの電話業務もあります。

メンズカードの入力等、事務全般と、お客様対応をしながら、人が足りない時などはレジに入って、レジ業務や袋詰めなどの作業をヘルプもしています。

「ばーびー」さんの転職のきっかけ

有名な会社で信用でき、安定していてつぶれる心配もないと思っていましたが、売り上げが良くない時などは社員さんの機嫌が悪くなる時がありました。

事務的な仕事をしながらのお客様対応にはかなり無理があり、大きな店舗に社員さんが数人しかいないのに、同じ日に二人お休みだったり不満はたくさんありました。

特に私のいた部署はとにかくやることが多くて、社員さんを呼んでも来てくれない時などは社員さんの代役をしなければならない等、とても負担が大きかったので思い切って転職を考えました。

「ばーびー」さんが転職活動で重要視していたこと

前職での失敗があったので、基本的にはなるべく小さい会社での事務職で、通いやすいことを重要視していました

ですが、ハローワークで求人検索をして紹介状をもらいに行っても、ハローワークの窓口の人が会社に電話をして年齢を伝えて、紹介しても良いか聞くと、求人表には年齢不問と書いてあっても断られるばかりでした。

そのため、なかなか年齢的に難しいのが現状で、実際にはあまり選択肢はありませんでした。

「ばーびー」さんの転職活動の進め方

ハローワークで求人検索や求人誌をチェックしたいり、派遣会社に登録やネット検索で求職活動をしていました。

しかし、やはりパソコンが出来ないと就職は難しいのだと思い、3ヶ月間は職業訓練校に通ってパソコンの資格をとることし、職業訓練校に通いながら求人を探していました。

転職サイトはタウンワークやLINEバイト、バイトルやインディード等、思いつく限りありとあらゆる方法で就職活動をしていきました。

あわせて読みたい


こちらの記事でアルバイト・パートにおすすめの求人サイトを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2018年5月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

一番苦労したところは年齢がネックになっていましたので、工夫したことはパソコンの資格を取ることです。

この年齢になってからパソコンの資格を取るということを考えてもいませんでしたし、覚えられるかどうかとても不安でした。

やはり通ってみたら若い人が多くて、皆さんパソコンをある程度使いこなせていて、資格を取るために職業訓練校に来ているといった感じでした。

学校で勉強をして、帰宅後 眠る時間を削ってパソコンの勉強をしたことが一番の苦労でした。

「ばーびー」さんが転職先を選んだ理由

前職で事務関係の仕事をさせて頂いて、自分には事務が向いていると感じて、転職を考えました。

年齢的にも採用は難しいと思い随分迷いましたが、パソコンの資格を「MOS WORD2013」「MOS EXCEL 2013」を取得し就職活動をしていました。

就職活動中はハローワークに行ったりしましたが、思うように見つからず困っていた時に転職サイトで求人を見つけました。

「正社員採用・制服あり・残業少なめ・車通勤OK(無料駐車場完備)」という条件で、自宅から車で20分という事で決めました。 

50代半ばで正社員として採用してもらえるなんて夢にも思っていなかったので、すごく嬉しかったです。

転職後の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:事務
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

物流会社での事務作業が主な仕事です。

決まった時間に配送のトラックが出発出来ないと納品が間に合わなくなるので、それに間に合うように、受注書や商品に貼るバーコードのシールを作ったり、受注書を見て、在庫が足りているか確認していきます。

商品がギリギリの時などはメーカーに電話をして、どこの店舗をいくつ削って、どこの店舗を優先するかの支持を受けていきます。

そこから、倉庫内で作業してくれる人に分かるように受注書とシールを作り直し、倉庫内の作業を円滑に進める仕事をしていました。

「ばーびー」さんの転職は「失敗」だった

とにかく時間に常に追われている仕事で、時間ごとに決まった作業を間に合わせるために、一時間のお昼休憩すら十分くらいしかとることが出来ず、残業が少なめだと聞いていましたが定時に帰れる日はなかったです。

1ヶ月で全部覚えてもらうと初日に言われて、半月が過ぎたころ「まだ二割」と言われました。

そうして、働きはじめて1ヶ月になるころ、会社で倒れてしまいました。

内科、脳神経外科病院に行きましたが原因が分からず、心療内科に行ってみて初めて自律神経失調症だということが分かりました。

1ヶ月の休養期間が必要と言われ、診断書を提出して復帰をしようと療養しましたが、5月に入社をして5月30日に倒れて以来、まだ良くなっていないので転職は失敗だと思いました。

「ばーびー」さんの転職を振り返っての感想

私だけかもしれませんし、他の人なら倒れたりしないのかもしれませんが、今思うと会社に向かう車の中でも手が震えていたので、もっと早く辞めていれば良かったという後悔ばかりです。

慣れない環境で慣れない仕事、時間に追われまくっての仕事は苦痛としか言えませんでした。

皆それぞれの仕事を抱えているので、打ち解けるどころか挨拶するだけですし、ふっと気の抜ける時間も一瞬もありませんでした。

1ヶ月で辞めるという選択肢は私には無かったのですが、今思えば手が震えだした時に辞めればよかったと思っています。

「ばーびー」さんの今後の目標

今後の目標は、とりあえず早く元気になることで、一日も早く元の元気な自分に戻ることが一番の目標です。

6回の転職をして初めて経験した今回の件を、早く「そんなこともあったなぁ」と思える日が待ち通しいです。

元気になったらまた張り切ってハローワークに通って新しい仕事を探したいと思います。

次はこじんまりと少人数の会社で、今回の様に時間にまくしたてられる仕事ではない会社を探そうと思っています。

「ばーびー」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

自分に合った仕事を探すのが一般的だと思いますが、出来るなら職場見学などの下調べが出来ると良いと思います。

いくらやりたい仕事でも、働く環境は見落としてはいけないポイントですね。

何事においても価値観は人それぞれ違うと思いますし、好きな仕事が出来るなら多少の無理はきくとは思いますが、職場の環境や自分ができる仕事内容なのかどうか、一度は考えてみると良いと思います。

A社の会社はすごく雰囲気が良かったけど、B社の会社の方がお給料が良いからB社の会社にしようと安易に決めない方が良いと思います。







-50代女性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.