30代女性の転職体験談

法人営業が仕事に追われると残業が多いし同じことの繰り返しに感じ転職した体験談

2020年11月16日

神奈川県にお住いの30歳女性「八木子爵」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「八木子爵」さんが前職を選んだ理由

元々新卒で入社した会社でしたが、新卒時は第一志望の出版社が全部落ちてしまいましたが、そんな中でどうしてもやりたいことが見つからず、就職先で気になる業界や仕事を見つけたいなと思っていました。

とはいえ業界の勉強などもほぼしてこなかったので、まずは世の中にどのような仕事があるか知ることができる職業がいいなと考えました。

その中で、様々な会社の仕事内容を知ることができる人材業界であれば、自分のやりたい仕事を知ることができるのではないかと思い入社を決めました。

前職の詳細

  • 業種:求人広告代理店
  • 職種:法人営業
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:主任
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年以上

前職の業務内容

基本的にはお問い合わせがあったお客様や自分で営業してアポイントを取ったお客様のところへ行って、どのような人材が欲しいかをヒアリングし、要件に合った求人広告を紹介・営業して購入してもらっていました。

基本的にはお客様にヒアリングをした後は社内の求人広告制作ライターさんに原稿を作ってもらい、それをお客様に共有して修正を重ね、それを実際に載せることがメイン業務でした。

しかし、案件に対してライターさんの人数が少なかったので早めに対応するために営業が自分で原稿制作することもしょっちゅうでした。

また、採用ができた出来ないの後追いまでして、出来なかった場合は改善するための再提案などをして採用ができるまで伴奏することまでが必要になる仕事でした。

「八木子爵」さんの転職のきっかけ

仕事自体は楽しかったのですが、幅広いお客様を対応するため、定時後のお客様からの連絡や締め切りのスパンも短いので間に合わせるために働いたりととにかく残業が多かったことが一つの理由になります。

また、どうしても営業は同じことの繰り返しになりがちで、具体的なスキルアップやキャリアアップにつながりにくいのではとも感じていました。

それであれば、手に職を付けたほうがいいのではということもあり、専門的な仕事にシフトチェンジしていきたいとも思ったゆえです。

「八木子爵」さんが転職活動で重要視していたこと

大学入学時に田舎から上京してきた人間なので、どうしても関東を出たくなく、全国転勤がない仕事というところは絶対でした。

また、一人暮らしではなかったため一緒に住んでいる人と休みを合わせたかったため土日休みという点もかなり重要視していました。

転職は給与を上げるチャンスでもありますが、未経験で違う職種ということもあり無理に給与を上げたいとは思わず、ワークライフバランスを重要視して探していたかもしれません。

「八木子爵」さんの転職活動の進め方

転職サイトと転職エージェントを並行して使用していました。

転職エージェントは「エンエージェント」・「Type転職エージェント」、「パソナキャリア」を利用し、転職サイトは「リクナビNEXT」、「マイナビ転職」、「エン転職」を使用していました。

とりあえず働きながらの転職活動だったので、少しでも楽ができればいいかなと思ってエージェントから活動していたのですが営業をやっているせいか紹介していただける案件が営業が多く、少し私には合っていないかなと思いました。

転職サイトのほうが未経験でも気軽に応募することができるので、異業種への転職を考える場合は転職サイトのほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい


こちらの記事でパソナキャリアの特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でType転職エージェントの特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でリクナビNEXTの特徴と評判をご紹介しています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社~20社未満
  • 内定社数:3社
  • 転職活動開始:2019年7月頃
  • 転職活動期間:5ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年11月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職エージェントさんからは前と同じ職種の仕事を紹介されることがとても多かったです。

別の仕事をしたいというお話はしていたのですが、私の性格や思考から営業が絶対向いていると進められることが多く、そこのすり合わせは苦労しました。

逆に、転職サイトの場合は自分で検索して自分で応募をすることができるので違う職種への転職の場合は自力で探して応募する方が効率よくできるのかなと思いました。

「八木子爵」さんが転職先を選んだ理由

求人広告=人材業が長かったので、なんとなく転職するなら同じ業界かなと思っていました。

その中で、上場企業であるということや株価の上昇具合などから安定しつつこれからも伸びていく会社だろうと予測できたので安心できるかなと思ったことが一番の理由です。

また、営業をやっているとその次も営業を進められることが多いのですが面接してくださった社長が「これとこれとこれ、好きな仕事を選んでいい」と言ってくれたことが多く、会社として「どんな人にもキャリアアップの道をしめす」という会社がアピールしている内容をしっかり体現しているなということが信頼感にもつながりました。

転職後の詳細

  • 業種:人材派遣業
  • 職種:WEBマーケティング
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:課長代理
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

基本的には、Webの求人広告を各社何原稿も出して、とにかく応募の母集団を集めるというお仕事です。

とにかく採用人数が多い会社なので、採用の対象エリアもほぼ全国、年代も幅広くとっているので質だけでなく一定の数も必要になってきます。

それぞれの求人媒体を掲載して一つずつ効果を見て、PVやCTR、CVRなどの数字改善を行い質のいい採用を目指しています。

求人メディアに関しては一つのチームを任されており、上記の実務というよちはメンバーへのアドバイスや広告の価格交渉などがメインではあります。

また、自社集客のための求人サイトの企画やリスティング広告の運用など幅広く行っています。

「八木子爵」さんの転職は「成功」だった

社風が圧倒的に前職よりも自分に合っていると感じました。

かなり実力主義の会社で、役員ですら定期的に結果を見て変わるという企業で、年功序列が苦手な自分には合っていると感じました。

また、正直難易度が高い仕事を任せられることも多かったのですが、同じ仕事をずっと繰り返していた前職と違い毎日新しい刺激がある環境は斬新で、しんどい時もありますが自分が成長で来ているのではという実感がかなりあります。

その分、気が抜けないなと感じることもありますが今のところは成功だと思っています。

「八木子爵」さんの転職を振り返っての感想

在職中の転職活動はやはり体力が削られるなと感じました。

なので、最初に転職エージェントさんに登録して職務経歴書や履歴書の添削をしてもらってそれを転職サイトの登録にも流用できたことは良かったです。

また、話す中で未経験歓迎と書かれていても、結局、なかなか本当に未経験の職種への転職は厳しいと感じました。(そういう企業さんを前職で多数見ていたので、わかってはいましたが)

そのような中で給与UPまで狙うのは厳しいと思うので、給与UPを狙った転職はやはり圧倒的に同業界・同職種でなければ、と感じています。

「八木子爵」さんの今後の目標

今後は、自分の中で年収800万円を目指すという目標があるので今の会社でとにかく上の役職を目指したいです。

ありがたいことに、きちんと結果を出せばきちんと出世ができる環境の会社ではあるので、今はマーケティングの勉強と管理職としての能力を上げるために組織づくりなどの勉強もしています。

また、マーケティングは常に仕様や状況が変わっていく業界なので、とにかく世間に追いつかれないようにアンテナを張りながら生活してきたいです。

「八木子爵」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

やりたい仕事はないけれどなんとなく転職したい、という方はまず転職エージェントに登録するべきだなと思います。

私は結果的に転職エージェントさんを使っての転職にはなりませんでしたが、他人に自分がやりたい仕事や仕事において何を大切にするか話すことだけでだいぶ自分の転職の軸が定まると思います。

また、やりたい仕事がある場合は自分からどんどん探して応募するような仕組みの転職サイトがおすすめです。

いずれにせよ、人からのアドバイスはとても重要なのでやりたい仕事があってもエージェントに登録することは必要かもしれません。







-30代女性の転職体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.