20代女性の転職体験談

一般事務がコミュニケーションを大事にしたいのに社員同士でないため転職した体験談

2020年12月11日

神奈川県にお住いの27歳女性「ぶらうん」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「ぶらうん」さんが前職を選んだ理由

人々の日々の幸せな生活を支える仕事に携わりたいと思ったからです。

それまではどちらかというと、旅行や結婚式など、人生の特別な日に関われる仕事をしたいと思っていましたが、学生時代に訪れたカンボジアの農村の人々の暮らしを見て、その思いが変化しました。

カンボジアではまともに医療を受けられないのが現状としてはまだまだ残っていました。

せめて自国の病気の早期発見や治療のきっかけとなるお仕事に就き、何気ない生活を、普通に送れる手助けがしたと思い、前職では健康診断や医療スタッフの派遣会社の一般事務として働いていました。

前職の詳細

  • 業種:専門コンサル系
  • 職種:一般事務
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年未満

前職の業務内容

主には健康診断や病院やクリニックなどに看護師、検査技師を派遣する会社の一般事務として内勤業務に順守しておりました。

病院やクリニックからのスタッフ依頼要請をもとに、登録スタッフを病院に派遣することがメインとなります。

また月に1回は登録希望の看護師、検査技師などに向け説明会やセミナーのための書類の作成・会場の確保・案内書類の郵送作業なども行っておりました。

長く登録しているスタッフ方に向けては、より働きやすい環境作りのため、定期的なヒヤリングも行っておりました。

「ぶらうん」さんの転職のきっかけ

前職の会社は、私のフロアはほとんどが内勤でしたが、社員同士の会話やコミュニケーションが全くありませんでした。

福利厚生はとても充実しており、残業代もしっかり出るのですが、コミュニケーションを大切にしたい私はあまり働き甲斐がありませんでした。

長い人生、働いてお金を稼ぐのであれば、好きなことをやって笑顔で働きたいと思ったのが一番の理由です。

現に今の会社は、この業界が好きな人が多いため、大変なことはとても多いですが、毎日楽しく働けています。

「ぶらうん」さんが転職活動で重要視していたこと

いかに自分が自分らしく楽しく働けるか、を重要視しました。

前職はどちらかというと、今後の人生を考えて長く勤めることができるかを重視して決めましたが、結婚や出産などの際、しっかりその体制がとられているのかなどに重きをおいていました。

しかし現状、社員同士のコミュニケーションの欠落を見ると、自分は今、楽しく働けているのか、ここに長くいて楽しさを見出すことは出来るのか、考えるようになったのが転職活動をしたきっかけとなりました。

「ぶらうん」さんの転職活動の進め方

マイナビ転職」や「リクナビNEXT」を見て、どのような業界・業種があるのか研究をしていました。

それと並行して、自分が何に興味があるのかなどの自己分析をとことん行い、「Type女性の転職エージェント」の転職エージェントとも相談しながら行いました。

前職を退職して現在の職業に就くまでの時間はたっぷりあったため、色んな友人に会って話をしたり、自分がどういう人間なのかを聞くようにしていました。

自分で考えている自分像と、他人から見た自分像は異なることもあり、それもあってよりこの機会に自分というもの知れたような気がします。

最終的には原点に戻り、自分の好きなものを扱えっている今のところに行こうと決めることができました。

あわせて読みたい


こちらの記事でマイナビ転職の特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でリクナビNEXTの特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事でType女性の転職エージェントの特徴と評判をご紹介しています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年11月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年2月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

自分が自分らしく楽しく働ける業界・職場を決めるまでは相当な時間と労力を費やしたため、そこには苦労しました。

前職を決める際の判断基準とはまるで異なっていたため、根本的に自分を見つめなおすことから始める必要がありました。

今まではどちらかというと、他人主体で物事を考えるところがありました。

ここの会社で長く勤められたら、親を安心させることができるのはなどといったように、自分がどうありたいかより、他人にどう思われるかを気にしていました。

しかしそれではうまくいかないことが前職を経て経験できたため、その考えを自分主体にシフトさせるまでなかなか時間を要しました。

「ぶらうん」さんが転職先を選んだ理由

学生時代からずっと興味があった『アジアン』と『インテリア』の両方を兼ね添えていたからです。

現在は北欧家具が主流となり、アジアン家具業界は縮小傾向にありますが、転職先の会社は20年以上続く老舗で、現地に自社工場を持ち、家具の製作にも取り組んでいます。

私自身、大好きなインテリアに囲まれながら仕事ができるうえに、来店するお客様も同様に、アジアが好き、その雰囲気にに触れたいと思う方が多く、そんな環境で仕事ができることにとても喜びを日々感じています。

転職後の詳細

  • 業種:流通・小売系
  • 職種:店舗スタッフ
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:店長
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

店舗販売スタッフとして、来店くださったお客様対応を行っています。

自宅や部屋をアジアンにしたいお客様の多くは、どうすればアジアンな雰囲気を作れるのか、アジアンは難しそうと悩みを抱えています。

そういったお悩みを持った方々に、『こんなに簡単にアジアンは作れる』ということを、接客を通して伝えています。

また店長業務としては、シフトの作成・売上予算報告・売り場管理などを行っています。

売上が下がっている商品をチェックし、展開を変えるのはもちろん、リピーター様がいつ来店されても新鮮に思えるよう、ディスプレイ替えは高頻度で行うようにしています。

「ぶらうん」さんの転職は「成功」だった

"自分が今一番なにをしたいかを考え行動した結果、今の会社で楽しく働けているのではないかと思うからです。

他人主体で物事を考えてしまっていた過去を振り返ると、失敗を全て他人のせいにしてしまっていたように思います。

その考えを自分にシフトした今、失敗も経験だと前向きにとらえることができるようになりました。

あの時、転職をすると決めたのも自分で、ここに勤めると決めたのも自分だと、その自分の決断に責任を持とうと思えるように考えられるようになったので、この転職活動は成功だったといえます。

「ぶらうん」さんの転職を振り返っての感想

前述したように、転職活動を経て自分の考えそのものを変えることができました。

失敗したら他人のせいと思っていた自分の考えを正すことができ、前向きに今の職業に就けています。

そのおかげか、今の職場では今年から店長を任せてもらえるようになりました。

転職活動を経験しなければ改めて自分がどういう人間か、何をしたいのかを考えることもなく、なんとなく毎日を送っていたと思います。

新しいことにチャレンジするのには何かと不安なことが多いですが、今の自分を考えると、チャレンジしてみて良かったと思います。

「ぶらうん」さんの今後の目標

今後はより多くのお客様に商品の良さ、楽しさを伝えていけたらと思います。

もとから好きな方にはもちろん、なにもわからない方にもアジアンの良さを伝えられるよう、色んなお客様とお話しをしていきたいです。

また、インテリアは日用品とは違い、生活になくてはならないものではありません。

生活にプラスアルファするだけで、帰ってきたくなるような、自慢したくなるようなお家づくりのお手伝いを、今後も多くのお客様に出来たらと思っています。

「ぶらうん」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

新しい環境に行く怖さや不安、億劫な気持ちになると思いますが、まずは気になったら動いてみることです。

そう思いながらも現職で働いていて、なにも思わないのであれば無理に転職活動をする必要はないとおもいます。

そこで何かひとつでもひっかかりがあるのなら、転職サイトを見てみるでも自己分析をしてみるでもいいので、何か行動してみてください。

そこで見つかる新たな自分や異業界への興味が出てくるかもしれませんし、何もしないでもやもやしているのはもったいないです。







-20代女性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2021 All Rights Reserved.