20代女性の転職体験談

介護職が人間関係が悪いなど環境が自分の性格と合わないため転職した体験談

2019年4月1日

東京都にお住いの20代女性「えりな」さんの「1回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「えりな」さんが前職を選んだ理由

大学で心理学科を卒業したため、この知識が生かせる業界はなにかと考えたときに、福祉が思い当たりました。

介護の中でも自閉症やアスペルガーといった障害を抱えた方の介護(生活介助)だったため、自分が勉強した部分が役に立つかと思い前職を選びました。

また、人と関われるような仕事をしたいと思っており、一人ひとりと密な関係を築きながら、誰かの笑顔のために頑張れるような仕事を探していたという点も、前職を選んだ理由の1つとなります。

前職の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:介護
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

前職の業務内容

入所・通所ともに併設されているところで、自閉症やアスペルガーといった何かしらの障害を抱えた方の介助を行っていました。

通所なので、朝各ご家庭に利用者様をお迎えにあがり、日中通所施設にてお過ごしいただいたあと、夕方あたりにご自宅へ送迎するというお仕事でした。

具体的に行っていた支援内容としては、体育館内でのレクリエーション実施(トランポリンやボーリングなど)、散歩、買い物などがありました。

また、昼食時にはご飯を食べさせてあげたり、トイレの介助なども行っていました。

「えりな」さんの転職のきっかけ

1年介護職を続けましたが、人間関係の悪さと自分の性格との合わなさで辞めてしまいました。

利用者様たちはみんな素敵な人たちばかりで、みんな好きな人ばかりだったのですが、上司同士が不倫関係だったり、年代高めの女性たちが集まると愚痴大会になったりと、気持ちの良い関係を築けるものではなかったため、転職を決めました。

私自身が弱く、周りを気にしすぎて、利用者様に対して真っ向から向き合うことが出来なくなってしまったことも理由の1つです。

自分に自信が持てず、マニュアル化した作業しかできない人間であると思い知らされ、退職しました。

「えりな」さんが転職活動で重要視していたこと

会社の雰囲気のよさを重要視していました。

私は転職サイトで探していたのですが、文字からでもその会社の雰囲気のよさが伝わってくる求人があったため、ほぼ決め打ちのような状態でその会社に応募しました。

それが今の会社であり、気持ちよく勤めさせてもらっています。

私は落ち込みやすい部分があるため、仕事内容うんぬんというよりかは、人間関係のやりやすさが非常に重要であると考えています。

もし私がつらい時期のとき、切り捨てずに見てくれる会社と見込んで、今の会社に転職しました。

「えりな」さんの転職活動の進め方

転職サイトや転職エージェント派遣会社などを候補にあげて探していました。

実際に一番使用していたのは、エン転職とマイナビ転職です。

転職エージェントも使用しようと思っていましたが、提示された案件をそのまま流して受け入れしてしまいそうだったので、自分のペースでゆっくりと考えられる転職サイトの利用を主にしていました。

テンプスタッフやスタッフサービスなどの派遣会社への登録もしましたが、実際に勤務することはありませんでした。

自分の目で見て選んだ会社に就きたかったのと、出来れば正社員雇用をしたかったため、転職サイトを活用しました。

あわせて読みたい


こちらの記事でマイナビ転職の特徴と評判をご紹介しています。


あわせて読みたい


こちらの記事で転職サイト・転職エージェントのおすすめを一覧でまとめています。


あわせて読みたい


こちらの記事で人材派遣会社のおすすめを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2017年10月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

人を見てくれるような会社を選びたかったため、大企業だとかベンチャーだとか、従業員数が多い少ないなどは特に気にしませんでした。

転職している当時は、精神的につらいところがあり、なかなか転職活動に踏み切る自信がありませんでしたが、ゆっくり自分のペースで、焦らず進めていくことを意識していました。

退職金も少し出ていたのである程度の余裕があり、無理のない範囲で働けて、人柄のよさそうな文面がないかを集中して見つけていました。

長く探していると疲れるので、たまには何もしない日があったりとマイペースに転職活動を進めていきました。

「えりな」さんが転職先を選んだ理由

昔からPCを触ることが多かったため、PCを使用できる仕事をしたいと思いIT業界へ足を踏み入れました。

前職では場を盛り上げたりしなければならなかったり、障害によりしゃべることが出来ない人ばかりだったため、あまりそういうことが得意ではない私にとっては周りが気になったりしてつらかったです。

そのため、黙々と集中しながら作業することができるお仕事という意味でも、サービス系ではなくIT業界を希望しました。

また、タイピングは元から得意で、ExcelやWordなども一通り使いこなせるので、その知識も行かせればと思い志望しました。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:事務
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

正社員雇用とはなっていますが、派遣のような形で私が勤めている会社とは別の会社に行く形となっています。

現在の勤務先は、自動車関連の会社で、電話対応や会議設定、スケジュール管理、設備管理などのサポート役を担っています。

もっとザックリ言ってしまえば、面倒なところを補う雑務のような形です。

実際にバリバリプログラムを書いたりすることはありませんが、勤め先のご厚意でちょっとしたvbaを触ることが出来ています。

「えりな」さんの転職は「ちょっと成功」だった

全般的に見て成功であったと思います。

給料面においては正直厳しく、貯金がなかなか貯まらない点はありますが、それよりも会社の方の人間性の良さに惹かれています。

社長とも距離が近く、お爺ちゃんのような感覚でお話しすることが出来て、とても過ごしやすい会社です。

最近また体調を崩してしまいましたが、従業員のことを第一に考えて動いてくれる営業さんにも感謝してもしきれません。

前職に比べると、断然良い人間性を持った方たちに囲まれることになり、幸せだと思います。

「えりな」さんの転職を振り返っての感想

自分の転職を振り返ってみて、あの時行動していたからこそ今の会社に就くことが出来てよかったと思います。

前職を退職してからはつらい日々が続き、暗闇の中をもがき続けて生きている感覚に陥りましたが、いま、社会人として社会に出られていることに喜びを感じます。

実際に面接に赴くこともつらく、失業保険のためハローワークに通うことでさえ苦痛に感じていましたが、あの時頑張って面接を受けてよかったなと素直に感じられます。

「えりな」さんの今後の目標

最近また落ち込み時期に入ってきましたが、この沈んだ感情に呑まれることなく、私を雇ってくれた今の会社にできる限り残り続けて成果をあげていきたいです。

未経験で入社しているので、何の知識もない私を雇ってくれたことに対する感謝も大きいです。

会社に入ってからも、いろいろと気を遣ってくださったり、あたたかい言葉かけをしてくださったりと優しさにあふれた会社です。

そんな今の会社のために、あきらめずに恩返しをしていきたいというのが今後の目標です。

「えりな」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

なによりも焦らないことです。

焦って自分の理想とする会社とかけ離れたところへ勤めてしまっては元も子もありませんし、諦めずに粘っていれば、自分の希望する会社に沿うところに出逢えるはずです。

「ここでいいや」と思えるような会社ではなく、「ここでなら自分の実力が発揮できるかも」「ここで働きたい!」と思えるような会社を見つけてください。

自分の強みや弱みを客観的に把握したい人は転職エージェントを、自分のペースで探したい人は転職サイトを活用してみてください。







-20代女性の転職体験談
-, , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.