30代女性の転職体験談

病院の栄養士が交代勤務で不規則な生活が大変で体重減少で将来を考え転職した体験談

2019年6月17日

広島県にお住いの30代女性「ハナ」さんの「2回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「ハナ」さんが前職を選んだ理由

栄養士の短大を出て、栄養士の資格を持っているので栄養士の職につきました。

幼稚園や介護老人ホーム、病院など様々な所で栄養士を募集していますので、養士の仕事は、求人自体は比較的多いかなと思います。

しかし、管理栄養士だったとしても給料はとても安く、私が仕事を探した時も、どこの栄養士の求人を見ても給料が安かったです。

その中で1番給料が良かった、総合病院で栄養士として働く事にしました。

前職の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:栄養士
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:契約社員

前職の業務内容

病院での栄養士の仕事は、朝番から遅番まであります。

患者さんに合わせ、食事を提供し、その日入院された方、手術の前の絶食の方、食事の量が変わった方などの書類をパソコンに入力し、合いた時間に来月の献立作成をパソコンでします。

その他に、忙しかったら調理補助に入ったり、食事の配膳をしたり、洗い物をしたり、食材の発注をしたりします。

たまに管理栄養士さんと一緒に患者さんの栄養指導に参加したりもします。

「ハナ」さんの転職のきっかけ

栄養士の仕事は好きでしたが、体力的にきつく、朝早い時は3時に起きます。

いつのまにか体重が減ってしまっていて、周りに心配されるようになってしまい、その時に自分でふと冷静になって考えることができました。

やりがいはあっても、自分に負担になる働き方はよくないし、一生はできないと思えたんです。

仕事をするなら一生できる仕事がいいなと思って、思い切って転職しようと決めましたが、周りに言われていなかったらまだ働いていたと思います。

「ハナ」さんが転職活動で重要視していたこと

新しく仕事を探す際、重要視したのは、勤務時間、雇用体系で無理をしてまで働きたいとは思わなくなりました。

以前は正社員として働いていたのですが、正社員をやめて、パートで働く事に決めましたのですが、そうすると、心がふっと軽くなりました。

ずっと無理してたんだと実感しました。

あとは、勤務時間ですが、栄養士の時のように変動制がある仕事は大変だと痛感したので、勤務時間が決まってる仕事を重要視しました。

あとは料理関係の仕事は辞めたくなかったので、料理関係の仕事を中心に探しました。

「ハナ」さんの転職活動の進め方

主にはネットで探すのと、ハローワークなどに行きましたが、ハローワークは行くまでに時間もかかるし、行ってもいつも人が多く、待ち時間が長いのが難点でした。

なので、24時間自分の好きな時間に仕事を探せるネットを中心に探しました。

キーワード検索もできるし、時給を決めて検索もできるので、便利ですし、気になった仕事があれば、その会社にメールで問い合わせもできます。

そして気に入ったところに電話をかけて、面接してもらいました。

あわせて読みたい


こちらの記事でアルバイト・パートにおすすめの求人サイトを一覧でまとめています。


転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2017年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職活動で苦労した事は、仕事をしながらだったので、あまり探す時間が取れなかったことです。

休みの日はまず自分優先にしてしまうので、転職活動までいかないという感じでした。

ですが、ネットを中心に探したため、仕事の休憩中や、通勤の電車の中などでじっくり探し、畳受けんを絞って検索して新着の求人募集の広告をよくみていました。

料理関係で探していましたが、それに固執せず、広い分野でも探すようにもしていました。

「ハナ」さんが転職先を選んだ理由

栄養士としての仕事も楽しくやりがいもあったんですが、朝番と遅番が交互にあったりして生活的にきつかったです。

とりあえず、勤務時間や曜日が決まってる仕事に転職したいと思うようになり、転職するにしても、料理関係の仕事には就きたかったので、飲食店スタッフとしての仕事に決めました。

終わる時間は遅めですが、出勤時間も決まっているし、休みの日も決まっているので楽になりました。

人と話すのが好きで接客もしてみたかったので、この仕事にしました。

転職後の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:飲食店スタッフ
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:アルバイト・パート

転職後の業務内容

大体15時くらいに出勤してオープン前に食材などの仕込みをします。

週末や宴会シーズンは仕込みが多く、ちょっと忙しいです。

仕込みが終わると、営業に向けてテーブルセッティングしたり、店内の掃除などをしていき、おすすめのメニューを書いたりもします。

営業が始まると、主にホールに立ち、オーダーを取って、ドリンクを作り、料理を運んで、料理の説明をしていき、営業が終わると片付けをして、終わりです。

家に帰るのは0時くらいです。

「ハナ」さんの転職は「成功」だった

給料的には下がってしまいましたが、無理なく続けられることの方が重要だと思ったので、転職して正解だったと思います。

自分の希望とする働き方で、好きな仕事ができるので、良かったです。

そして、今までしたことなかった接客業なんですが、学ぶ点がとても多く、自分自身も成長できる仕事だと思うので、この仕事を選んで良かったと思っています。

新しい世界だったので、不安はありましたが、いい点ばかりです。

「ハナ」さんの転職を振り返っての感想

転職を探してる時は、前職に在籍していましたので、前職をしながらの転職活動は正直大変でしたが、でも、そのおかげで給料が途切れる事が無かったのは良かったです。

転職する前は、栄養士の資格があるから、栄養士の仕事しか選んでいませんでしたので、視野が狭かったなと思います。

転職を経験して、視野がすごく広がり、自分にとってもとてもプラスだったと思いますし、好きな仕事をやりがいを持ってやる事が大切だと改めて実感しました。

「ハナ」さんの今後の目標

とりあえず今の仕事を最低限こなせるようになることが目標です。

今はまだ周りに迷惑かけたり、フォローしてもらっている立場なので、自分がフォローできるようになりたいです。

接客業って、相手の気持ちをよく考えるようになり、相手が何を考えてこう言ってるのか、何を求めているのかなどすごく考えるし、頭をつかうようになりました。

お客様の求めてるものを考えて、見つけ出し、お客様を喜ばされるような接客をしていきたいです。

「ハナ」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

世の中には様々な仕事があり、職種も様々ですし、正社員やパートやフリーランスなど働き方も様々です。

その中で、すぐには見つからないと思いますが、自分に合ったものを見つけて下さい。

初めてした仕事が自分に合っていて、やりがいも持てる仕事だといいですが、色々経験して、自分に合った仕事を探すのも大切だと思います。

就職してすぐ辞めるのはちょっと良くありませんが、働いてみて、自分に合ってないと思えばきっぱり転職したほうがいいです。

そして、前職の経験を踏まえ、自分に合った仕事を探して下さい。







-30代女性の転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© 人事メディア , 2020 All Rights Reserved.